英国王のスピーチの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

英国王のスピーチ2010年製作の映画)

THE KING'S SPEECH

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「英国王のスピーチ」に投稿された感想・評価

Lea

Leaの感想・評価

3.7
さすがコリン・ファース。

コリンファース演じる英国王が
言語療法士のバルボッサと
エリザベス妃のベラトリックス
と苦難を乗り越えるヒューマンドラマ。

大人の友情っていいね。
なるほど「これは面白かった」と思わせる佳作で、アカデミー賞もそれなりに納得。
(ただこれが昨年の「表面上のNo.1」とはちょっと解せない気も致しますがw)

出演者の演技がどれも素晴らしいのでだれることなく最後まで一気に見せてくれます。

ただ毒気があまりに少ない作品なので個人的な印象はイマイチ薄いです。
(あのふてぶてしい兄の嫁をもっと沢山出して欲しかった....)


じっくりと秋の夜長に一本映画が見たい人には安心してオススメできる良作でしたヽ(´▽`)ノ
ヒューマンドラマの良作ではあるんだろうけど、イギリス王室どうしようもないな、っていう印象のほうが強く残ってしまいました。「吃音」のみに強く焦点を当て、人間としてのジョージ6世の苦悩を描く映画っていう作りだと仕方ないのかな? そこらの中小企業の社長あたりの物語なら素直に感動できるんだろうけど、当時の世界史的な背景とかを考えるとちょっと…

このレビューはネタバレを含みます

2019/01/12
椅子のシーン。大好き。
このお話は、絶対、ハッピーエンドではないのだけれど、それでもバーティとライオネルの二人は、バーティの在り方が決定的に変わってしまった最後のスピーチの後でも共にいるのだなということを考えると涙がちょちょぎれる。
yuuki

yuukiの感想・評価

5.0
王室に限らず、芸能界とか会社とか学校とか色々な場所で言えることだけど、必ず偉大な事とかやってる裏ではそれを支えてくれている人たちがいるわけで、ってことを教えてくれたし改めて気づかされた。この二人の友情が続いていてくれたことが嬉しいなー。吃音症はアントキノイノチで岡田くんが演じてたの見たことあったけど、もっと調べてみたくなった。
96さん

96さんの感想・評価

4.0
イギリス王ジョージ6世が

吃音症 克服と共に

成長していく様を描いた

ドラマ。83回アカデミー賞

主演男優賞を始め4部門受賞


重厚で格式高い

当時のイギリスの

描きかたが

リアルで秀逸☆


おかげで

2人の演技合戦に

集中☆


深い所から

つくりこむ

レベルの高い演技の

コリンに

感情移入すれば


人間賛歌

味のある

ユニークさ満載の演技、

ジェフリーから

目がはなせない


・向上

・挫折

・プライド

・責任

・トラウマ


さまざまな要素が

進みつづける歴史と

大いなる社会の中で

からみ合う☆


英国王のスピーチ、

あなたはどう感じるでしょう


アクションのない映画は嫌い!

おじさんってちょっと苦手

変化が少ない映画って寝ちゃう


という方はNG

「静かな映画で、抜群の演技力を感じたい」

時にオススメ☆


心に残った台詞は

『もうあなたの道を生きている』
yuuka

yuukaの感想・評価

3.9
まさに、何かに自信がなくなっているときに観ると特効薬。

踏み出す勇気や自信を喪失しかけた時に観ると踏み出すことを思い出せる映画。

いつの間に、自己投影してしまう映画です。笑
ほべ

ほべの感想・評価

3.8
うーむ、 アッサリしていて良い映画〜!王という存在の不思議さに俄然興味が出た。そういえば日本の天皇を人間的に描いた作品ってあんまり知らないなあ…と思ったり。
こういう映画はスマホで空き時間にちょこちょこ観るもんじゃないなあ、たぶん映画館で観てたらもちょっとまともに批評できるのではと思います

ヘレナ・ボナム・カーターは結構ドギツい役もやってるけど、良い奥さん役やらせたら天下一品だなあ
KEI

KEIの感想・評価

4.9
ジョージ6世

詳しいことは知らなかったけど
後半のスピーチ"声"に釘付けになりながら
目に涙を貯めてたわ笑

周りからの様々な要因でこうも人がいい方向にも悪い方向にも変わるのだな〜と感じた

ライオネルとジョージ6世いなバーティの絆も
垣間見えた

ほかの作品になったしまうがジョージ6世が
ある人に「困ったら国民の声を聞け」と
助言していたことの言葉の真意が汲み取れた
Norika

Norikaの感想・評価

4.0
言葉の重要性と伝えることの難しさ。
小さい頃のトラウマは大人になっても付き纏う物だと実感。
吃音の人って実際には会ったことないけれど、コリンファーストを通じて生きにくさを教えてもらった。流石圧巻の演技力。
第一次世界大戦前後のイギリス王室とかヨーロッパ諸国の歴史を学び直してからもう一度見たい!!