キヒチキ

17歳のカルテのキヒチキのレビュー・感想・評価

17歳のカルテ(1999年製作の映画)
4.0
彼女たちは不完全な人間だった
でも、私の友達だった

思春期の女の子たちを
精神的に不安定な女の子たちを
描いた興味深い映画でした!

アンジーの演技、まじですごい🙆‍♀️‼️
もう、怖かった!狂気そのもの!👀
目だけで、やばいやつってわかるあの感じ。
適役やわ〜🙃

ウィノナライダー、めっちゃかわいかった😭🎶彼女自身が、惚れ込んで製作の総指揮を執ったとか。すげー。

てか、この物語が、
あの女の子たちが、
フィクションじゃなくて、
現実に存在してたんやと思うと、
すごく胸がつまります。

決してハッピーな話ではないけれど、
残る映画。

あとからいろんなこと、考えちゃう。

最後の看護婦さんが抱きしめるシーンは、
ほんと胸が熱くなった。
どんか気持ちで送り出したんだろう。
寂しさと期待と不安と、、、
いろんな感情がいっぱいあったんやろうなぁと思う。

とにかく、アンジーのあの演技だけでも見る価値ありですな🙃
好き嫌いは分かれるかもしらんけど、
私は好きな映画でした🎞

最後に、スザンナが最後に言ったセリフが、とっっっても考えさせられた。
あたたかい心って、大事。