17歳のカルテの作品情報・感想・評価

「17歳のカルテ」に投稿された感想・評価

momo

momoの感想・評価

3.5
内容は心の病のことで難しかったけど自分をコントロールしようと頑張る姿が応援したくなる映画でした。
アンジーが美しかった😍
アンジーの演技が見もの
たなち

たなちの感想・評価

3.9
精神病棟を舞台にしたどこか青春ただようクソ重映画。
若きアンジェリーナジョリーがセクシーだけど、基本的に精神病棟のあの汚い感じとかみんなすぐリスカしてて腕汚い感じとか潔癖だからちょっと引いた。
内容的には、誰しも抱える悲しみとか感動するというような感情が人よりも深い人々である精神病患者が人間の本質を表している気がしてどこかグッと心を掴まれるものでした。見終わってから数日後の感動がグイグイくると思います。

このレビューはネタバレを含みます

この映画は上映されていたときからのファンです。
やっとDVDを購入したので改めて見直しました。

話をざっくり言うと、
自殺未遂をした少女が精神病棟へ入院する話です。
主人公は自殺するつもりではなく、手に骨がないなど周りを?にするようなことをいい、精神病棟へ入院させられます。
最初はあまりの生活の変化に自分はここのいるような人間ではないと周りのスタッフたちにつっけんどんな対応をします。
そして境界性人格障害と診断されかなり憂鬱な日々を過ごしますが、そこにエキセントリックな患者リサと出会います。
彼女は非常に暴力的で他の患者を支配するような態度をしますが、
新しく入った主人公には優しい対応、理解ある対応をしてくれます。
例えば
・薬を飲み込んだふりのレクチャー
・医者についての個人の批評
・夜中病室を抜け出し、秘密の部屋に連れていったり
・外へ出たとき自分を守ってくれたり
・同じ患者が悲しんでいるとき一緒に慰めたり
・ボーイフレンドが来たとき周りの輩の対応してくれたり
っと、一見優しいのですが・・・
彼女もまたここに長いこと入院している患者。
心に大きな病を抱えております。

リサは主人公と一緒に病院をぬけ外の世界へ逃げます。
とりあえずお金と泊まる場所へと前自分たちと同じ患者だった人のところへ泊まります。
ここでリサの支配的な感情が爆発し、その元患者の心の闇を根掘り葉掘りと言いくるめてしまいます。
主人公はそこからリサへの感情が恐怖へと変わっていき、
次の日、患者の彼女がなかなか起きてこないので主人公は起こしに行くと彼女は自殺をしていました。
ここはこの映画の「転」になり、
主人公は身近のものの死を対面し恐怖と悲しみで悶えます。
ですが、リサは冷淡に彼女の死体から金を盗みさっさと出て行きます。
ここでリサと主人公は完全に決別となりました。

その後、主人公は自分の人生を見つめ直し、外へ出ることへ前向きに行動を始めます。
数日経つと医者から認められ、外へ出れることになるのですが
その矢先にリサが見つかり病院へ戻って来ます。
ボロボロになってしまったリサに自分が外へ出ることを告げると
リサの対応は非常に冷たく、また主人公の心の闇を根掘り葉掘りと漬け込みます。
ですが、主人公は前の弱かった自分とは違い、リサを逆に言い包めて彼女を混乱、現実を教えてあげることになりました。

最後は外へ出て終わります。


この映画の何が好きかと言うと、
まずウィノナ・ライダーとアンジェリーナ・ジョリーが非常に綺麗で美しい、そして中性的な外見がかっこいいです。他のキャストもとても印象的なキャラクターを持っています。
画面の構成や音楽、精神的な悩みなど個人的に好きな要素が詰め込まれていて何年経っても好きだと思える映画です。
なんども見返していますが、見返すごと好きなものが増えたり
主人公の言葉が歳をとることに考えさせるものがあります。
例えば悪いことや失敗したな〜なんて思ったら「これも一つの経験として」と自分を慰めますが、主人公ははっきりと入院生活の一年を「一年を無駄にした」と述べます。今回見直してこの言葉を深く考えるようになりました。

映画としては派手さはないかもしれません。
ですが、最後のリサとの対話はドキドキとさせられまた演出も怖くここは静かな派手さがあります。

いつも出会った人には何の映画が一番好き?と聞かれると必ずこの作品をあげるようにしています。
F

Fの感想・評価

2.5
これは、アンジェリーナ・ジョリーの為の映画だろ。話題になった。
まぁB級っぽいけど現代風にリメイクしたらウケるのでは。
まこと

まことの感想・評価

3.8
喰っちゃってるよなあ

これはアンジェリーナ・ジョリーが主演のウィノナ・ライダーを完全に喰っちゃってる

女優としての格の違いみたいなものをまざまざと見せつけられた気がします

制約のある環境下だというのに全く縛られずに気ままに演じるアンジーの演技はお見事の一言


あと17歳っていう年齢設定がこの上なく絶妙

人生80年とすると17歳って人生で一二を争うくらい多感な時期、気持ちは揺れるしとにかく感受性が磨かれる時期を背景とした人間味が溢れるドラマ
Fuki

Fukiの感想・評価

3.8
中学の時見たから衝撃だった
ユーキ

ユーキの感想・評価

5.0
リサがかっこいい。
>|