「17歳のカルテ」に投稿された感想・評価

ASALICK
3.7
途中で流れたThe End Of The Worldが好きだったなー
小さい頃に観て、ひえええ怖いいいい面白いいいいと強く思った映画です。
大人になってから観なおすと、テーマにしては小綺麗にまとまってるなと思いましたが、懐かしくもあり、また違った気持ちで楽しめました。
年齢に関係なく自分の後ろめたい胸のうちを人に読まれるのは、重たくズシンと応えるなーと感情移入させられ、ヒリヒリ痛い中に爽やかな救いも感じたりします。

アンジーがビジュアル含めてかっこよくて、未だにこれを超えるアンジーはいないとも思ってます。
いろんな感情が涌き出てきてジーンとくる。
世の中にはいろんな人がいて、それぞれが弱さを抱えてて、そこに向き合っていくことが大事。

このレビューはネタバレを含みます

過去と現在がスクランブルしたり、二律背反な感情の制御ができない主人公。病名は境界性人格障害。
外でと中でも同じこと。病気を直すのではなく、自分を理解し、向き合えるかどうか。

ブロンドのアンジェリーナ・ジョリー。本作のような繊細な演技は初めて観た。

ポニーに聴かせたDowntown/Petula Clark。本当は外の世界の素晴らしさを唄った歌詞だけど、ここにも希望があるよ、皆がいるよって励ましてあげたんだと思う。エンドロールでも流れます。
him
3.8
ストーリーも面白いし、何よりアンジーの主役を食う演技がすごい。
F
3.0
ボーダーライン
たまに観たくなる映画です
>|