hummingbird

抱いて頂戴のhummingbirdのレビュー・感想・評価

抱いて頂戴(1961年製作の映画)
-
億万長者の綾小路が恋人を探すために日本に帰国。彼を取材したフリーアナウンサーのみゆきは…。

男で苦労する役の印象が強い桑野みゆきの珍しいラブコメ。ちょっとドタバタが過ぎるのと、杉浦直樹の考えは男尊女卑的な感じした。桑野みゆきがかわいくて、幸せそうなのは良かった。

みゆきが松竹大船撮影所を訪ねる場面があって、スタジオで高千穂ひづるが準備しているんだけど、後から現れた相手役が杉浦直樹(映画の中では別人の設定)で、思わず笑ってしまった。

「ラブコメ大好き!」