gaaaa

グラン・トリノのgaaaaのレビュー・感想・評価

グラン・トリノ(2008年製作の映画)
4.0
今更だが、初見の素直な感想。
名作。心打たれた。
終始画面に釘付け。

生と死。
戦争体験、妻の死、老後、息子との付き合い方、世間体、異文化交流、アメリカ文化なるものがチラホラと。

偏屈オヤジ役にもってこいのクリント・イーストウッド。
タオ役の彼とスー役の彼女も良かった。
タオ家のおばあちゃまのキャラはツボ。笑
所々の犬の表情は丁度良い癒し要素。

個人的に、セリフの言い回しが好みで、差別要素たっぷりなんだけど、何故かユーモアに聞こえ、かつオシャレという無敵感。笑
その結果、中だるみもなく集中できた。

まるで、これまでを懺悔するかのように、タオたちを守るために、最善の策をとったラスト。お見事。

オススメできる映画となった。