グラン・トリノの作品情報・感想・評価

グラン・トリノ2008年製作の映画)

Gran Torino

上映日:2009年04月25日

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「グラン・トリノ」に投稿された感想・評価

Kazuya

Kazuyaの感想・評価

3.9
最後息子達との関係が上手くいかなかったってあったけどそれに対する救いは無いのかな。
ヤニ食うイーストウッド、めちゃくちゃカッコよかった。
aKirA

aKirAの感想・評価

4.0
かわいそうな人たち
ゆーや

ゆーやの感想・評価

3.6
クリンストイーストウッドみたいなおじさんに将来なりたい。時代に取り残されて堅物になるのは御免だけれど、この映画においては、人との暖かさに触れることで着々と人相が変わっていく。イエローと呼ばれる中国人と白人の異文化交流の中で、考え方も考えさせれる。グラン・トリノを金目的で狙ってた身内よりも"友人"であるトロ助に渡したところは感動もの。
心太

心太の感想・評価

4.7
感動した!!イーストウッド格好良すぎだろ...。だから、自分自身はダサくてもいいからこんな最後は選びたくないです。
牛猫

牛猫の感想・評価

4.0
妻に先立たれた孤独な老人が、隣に越してきた東洋人少年との交流を通して心を開いていく話。

頑固爺さんと移民の少年という取り合わせも、話自体もありがちではあるけれど、これが中々面白い。
前半のほのぼのパートも適度に笑えて面白いし、隣家の移民家族と距離を縮めていく過程が丁寧なのも良かった。次々と運ばれてくる料理に困惑するイーストウッドの表情が最高だった。
弱々しい少年に男たるやを伝授するその姿にもどこか哀愁が漂っていて切なくなった。

後半のシリアスパートもイーストウッドらしいエッジが効いていて心が揺さぶられた。
落ちもなんとなく予想はできたけど、やはりイーストウッドの存在感は凄い。
並みの役者では出せない渋さや説得力が感じられた。

遠い身内よりも近い他人。現代社会で失われつつある人とのつながりの大切さを思い出させてくれたような気がする。
クリント・イーストウッド
渋い!! カッコイイ!
こんなカッコイイおじいさんはいない。
とても悲しいのにこの感動はなんだろう、、生と死
悪と正義 他に方法はなかったのか、、
涙(┯_┯)
えいじ

えいじの感想・評価

5.0
理髪店のシーン最高
HO

HOの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ちょっと久しぶりに映画見たが、面白い映画だった。終盤のタオやスーが暴力を受けるシーンはしんどかったが、全体的にはほっこりニコニコ観てた。黄色人種である自分がアメリカに引っ越してきて最初に観た映画、全然内容知らずに適当に選んだ映画が、偶然にもこんな内容だったというのが、なんだかちょっとグッと来た。
親子関係、戦争の記憶と悔恨、人種と文化、身内との関係性、終活、など色々な要素を含んでいて、あれこれ考えている内にあっという間に2時間経ってしまった。しかしながら一番衝撃を受けたのは(全然メインテーマではないが)、めちゃめちゃ普通~っぽい家の軒先で、半グレのケンカやら銃撃やら何やらが起きるという描写。昨日、トレーダージョーズ(スーパー)行く途中であんな感じの住宅の前通ったんだけど、えっ、あんなところであんなことが起こり得るの?!?!とビビってしまった。。アメリカおそるべし。
息子夫婦は主人公のこと疎んじてたけど、孫達の葬式での態度は大概ひどかったし(とりわけ孫娘は「爺さんが死んだら車くれ」みたいなことを面と向かって言っていて、いくらなんでも酷過ぎる)、息子夫婦も誕生日に突然訪ねてきて思ったらセールスマン並みの(実際息子はセールスマンだが)マシンガントークで老人ホーム入りを勧めたりしていたので、主人公を悪とは思えなかった。ただ、主人公が病院で診察を受けて、ショックを受けて息子に電話して、でも息子は忙しいからって電話切って、だけどその後「なんかおかしいぞ...?」って感じるシーン、息子は息子、息子夫婦と親父は仲悪いけどでもやっぱり息子だけは実の息子、みたいなのが良かった。最後グラントリノの相続のときも、嫁と孫娘は薄情だったけど、息子はどう感じてたのかな。
神父は何のメタファーだったのかば。存命ならば奥さんが言うべきことを代弁してたのかな。
2009年に公開された(それ以前に制作された)映画だという点興味深い。監督が、今のアメリカ社会をどんな風に感じているのか聞いてみたい。
Yuma

Yumaの感想・評価

3.9
久しぶりに泣いた。カッコいい。

グラン・トリノ乗ってみたい。
>|