グラン・トリノの作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(1館)

グラン・トリノ2008年製作の映画)

Gran Torino

上映日:2009年04月25日

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

あらすじ

「グラン・トリノ」に投稿された感想・評価

うらん

うらんの感想・評価

4.9
最高でした
意地悪なんだけど嫌いになれない、おじいちゃんの話
あの悪口床屋行ってみたい
みつゐ

みつゐの感想・評価

4.0
イーストウッドってどの役も口悪いな 笑
理髪店での男同士の会話がおもろかった。
あんなんコントやんけ!

爺さんになっても道具にこだわりあるのイイネ!グラン・トリノかっこええやん
昔フランツさんとこれ良いよねって会話したの覚えてる

クリント・イーストウッドのちょっとチープな演技も味っちゃ味(コップ落とすシーンとか

でも良い映画だしカッコ良い、男の美学
「バカなジジイ」と隣の中国人から言われるほど、嫌な腐れ老人ウォルト演じるイーストウッド。72年型グラン・トリノがストーリーの中心に座り、人々が背負っていくものとは?を問いかける。「ここは朝鮮ではない」と諭す神父をはじめ周りの人達が、逆に頑固ジジイから人生訓を学ぶ。このジジイ、ややアル中も入っていて笑える。「なんだと、この春巻!」も笑えた。
本当に口も挟むが、突飛な行動をする、おせっかいジジイだ(笑)でも最後はこの頑固ジジイに涙した。この作品は我らイーストウッド世代の愛すべき映画
Kamiyo

Kamiyoの感想・評価

5.0
2009年”グラン・トリノ” 監督クリントイーストウッド
もう何回目かな、初めて映画館で鑑賞後、しばらくその場から動けませんでした。 この感動をどうやって言葉にできるだろう?

愛すべきクソジジイをもっと見ていたかったよ
この頑固ジジイときたら、今の若者の全てが気に入らない
あっちで文句をつけ、こっちで愚痴を言い、でも結局は
何も変わらないことに嫌気がさしては、ブ~ブ~唸っている。

もう一人の主人公は、ウォルト(クリントイーストウッド)の隣家に引っ越してきた、アジアの少数民族モン族の家族。その一家の少年タオを演じるビー・バンですが、冴えないモン族の少年を非常に上手く演じています。ウォルトに何かと鍛えられながら、徐々に自分に自信を付けて行きます。
そのタオの姉スーを演じるのは、アーニー・ハー。
彼女が、タオと自身を助けてくれたウォルトに何かと世話を焼く事でウォルトの心が徐々に開いて行くことが良くわかります。ああ言う強い姉さんがいると、弟はウォルトのように成りがちなような気がします

冒頭シーン、主人公の妻の葬式に孫が出席します。
私はその孫達の、色は黒いけどへそを出した服やおざなりな態度、
それを見て笑っている周りの人達
ラストでも葬式が出てきます。
アメリカ人とは対極に第一礼装をした少数派民族の人が出てきます。
そこに有る “敬意”の部分をクリント・イーストウッドは描きたかったんじゃないかなって思いました。
それは生きている事への敬意であり、死に行く人への敬意です。

本当にキャラクターの心情の動きが丁寧に描かれてますね。
だからこそ、この愛すべき頑固ジジイに引き込まれ共感していくんでしょうね(笑)
周りのタオ少年、スー、神父さんに男の会話(?)を繰り広げる床屋さん等いい味だしてます。
おおよその予想通りだったラストは、もちろん悲しくて、
泣けはしたものの、なんともいえない清涼感にも包まれた。

最後にちょっとだけね、グラン・トリノが走るんですよ。
去っていく後ろ姿は、オーナーじゃなくて違う若者が乗ってんの。
お前の新しい人生を元気に生きてけよ、
取っておきの宝物をお前にやるからさ、
って、このプレゼント。
命を犠牲にしても守りたいものがある。それを愛という。
なんて感じました。

きっとこれからも何度も見たくなる映画だと思う。

”72年型グラントリノ ファストバック、コブラエンジン搭載車”
当時のフォードが世に出した、スポーツタイプの名車である。
日本車では当時の”ケン&メリ-”スカイライン”でしょうね
shamcafe

shamcafeの感想・評価

3.9
かなり良かったね
ym

ymの感想・評価

4.2
記録
R

Rの感想・評価

4.2
かっこいいおじいちゃんだ、、、!
息子家族に嫌われるぐらい頑固な上に人種差別的な発言多いけど、タオたちのためにチンピラ(?)ビビらせたりボコボコにするシーンとか、最後のシーンもめちゃくちゃスカッとするな!

親心(?)から復讐しようとする話だから先日見たばっかりのスリービルボード思い出した。ベクトル違うのかもしれないけど。

クリント・イーストウッドは監督も俳優もできる万能な方なのか、すごい、、、
嫌味連発でよく床屋さんと
ケンカにならないな。

家庭ってタトゥーに笑った。
X32Iz

X32Izの感想・評価

4.1
口の悪い堅物じいさんが人種の壁を超えて自分なりに尽くそうとする姿に号泣😭
登場人物のそれぞれの性格が、より一層愛着を持たせてくれる。
人は変わるんだなぁって思わせてくれた。
>|