ラブド・ワンズの作品情報・感想・評価

「ラブド・ワンズ」に投稿された感想・評価

みおり

みおりの感想・評価

3.6
こわ〜い女子
グロくて面白かった!
面白かったし好きだったんだけどあんまり覚えてないんだよな〜…
声無しなのか…💉と飲むんじゃないのか…🥃ってところにちょっとガッカリしたのは覚えてる🤔
keroline

kerolineの感想・評価

4.0
Kasey ChambersのNot Pretty Enoughが挿入歌として良い味を出していた。
拷問系コメディ映画。オーストラリアでもメンヘラってこういう扱いなのかしら。
痛々しい場面が多いので、そっち系好きな人はオススメ。
【字幕/VOD】
サイコ女に目をつけられたイケメン君の話。過激なシーンも音楽やファッション、飾り付けのせいでポップに見える映画。うーん、最後スッキリはしたけどそれだけだったなあ。もう一組は対比のために入れたんだろうけど、そこまで必要なかった気がする。
それにしてもイケメンさすが。凄くタフだもん。早く病院行って笑。
b

bの感想・評価

4.2
拷問家族の演技がほんとうに狂気じみてて素晴らしいしカット割りやBGMのセンスも良い。クラーーーーーーイ!!!
青山

青山の感想・評価

3.5

イケメン高校生のブレント君は、ローラという野暮ったい少女からプロムに誘われるも彼女がいるので断ります。すると怒ったローラちゃんは彼を監禁してあんなことやこんなことを......💖

という感じのメンヘラJKファンシースプラッターホラーコメディーです。何言ってるか分からないかもしれませんが、本当なのです。
言ってみればホステル+キャリー+ミザリー+サタデーナイトフィーバー+可愛(くな)い女の子💖という感じ。何言ってるか分からないかもしれませんが、本当なのです。


ホラーでやられる奴ってだいたい悪人と決まっていますが、本作のブレンド君はちょっと無愛想だけど特になんの落ち度もないイケメンさんなのでこんな目に合っちゃうのがかなり理不尽で面白かったです。まぁ可愛い彼女いるイケメンって嫌いなんで。はい。

一方、理不尽すぎてはよ死ねやと思うはずのローラちゃんは絶妙に可愛さのあるブスなのでなんかちょっと許しちゃいますよね。うん、可愛い女の子は何してもいいよ......。
とはいえ、だんだんエスカレートしていく(けっこうグロい)拷問にはさすがにイライラも募っていくのでイケメンにも肩入れしてしまい、どっちの味方か分からないアンビバレンツ状態が楽しめました。

あと、ストーリーもなかなか良くできていて、最後でしっかり最初のアレが回収されてカタルシスを高めてくれるあたりなんかニクい演出でしたよ。まぁツッコミどころが多いってのも分かりますけど、B級ホラーの面白さはツッコミどころの多さで決まるものですし、B級ホラーの世界に警察はいませんからね。

そんなわけで、警察がいない世界さえ容認できればけっこう面白いホラー映画だと思いますがね。はい。
ジャケ写パッと見しただけでずっとリア充な恋愛コメディだと思ってましたが、相互フォロワーさんにオススメされたのでよく見てみましたら女子が持ってるやつマイクじゃなくて電動ドリルですやん…。後ろの男子、やばいレベルでやられてますやん…。

ぶっ壊れ女子が出てくるなら観てみないと…笑

JKローラが同級生男子を拉致監禁&拷問する話でした。ローラには最強のパートナーであるパパ(金銭援助的パパではなくて生物的パパ)がいて拉致監禁と拘束を実行してくれます。だからローラは拷問を楽しむだけでOKなんだっ!ラッキーだね、ローラ!パパのこと大好きだよね?みたいな内容の話でした。ちょいちょい挿入される拷問シーンはかなりなもんでしたね…( ̄▽ ̄;)


映画に出てくるサイコキラー(あるいは主人公)は伝統的に母親の影響を受けすぎた男なことが多いですが、本作はパパとバディな関係の女子というのが新しかったです。結果として狙われるのは男子だっていう。

拷問その他が目的だから捕まったらもう絶対助からないのが怖いっすね。
気に入られれば命が助かるとかそんなレベルではなかったです。


(ネタバレできないなと思ったので文章内にミスリードあり!w)
ローラちゃん基地外すぎてw
ダディの親バカ加減がうざい
ラストは気持ちよかったなぁ〜!お気に入りの映画ですね。
>|