ブルーサンダーの作品情報・感想・評価

「ブルーサンダー」に投稿された感想・評価

だりあ

だりあの感想・評価

3.6
とある本で良質な脚本の例として
挙げられていたので鑑賞。

元軍人で警察の航空課に所属する
マーフィーが、気のいい後輩と出会うも
陰謀に巻き込まれていく。
勧善懲悪ストーリーとして王道も王道、
ブルーサンダーで離陸する前のシーンは
主人公の奮起として定番の流れだが
ロイ・シャイダーは格好良い。
ラストバトルはCGなど無かった時代の
本物のドッグファイト、圧巻である。

敵の常套句を拝借する決め台詞、
実にキマッている。
「あとでな」
BAC

BACの感想・評価

3.8
・やはりまずブルーサンダーのデザイン。
無骨だけどスマートで80年代SFメカの中では
トップクラスの存在感。実物ヘリを改造して
実際に空を飛ばせたのは見事。

・街の上空と言うより街中でヘリ・チェイスしてて
よく撮影したと思う。まだCG使えない時代だからね。
本当に実演してるダイナミックさに今でも驚くよ。
(F-16のところはさすがに特撮だけど)

・主人公のベトナムPTSDに敵役との因縁など
もう一つ話がスッキリしない処はあるんだけれど
空中アクションがそのモヤモヤをスッ飛ばす。
80年代アクション映画の快作の一本だと思う。

・ブルーサンダーは「レディ・プレイヤー・ワン」に
出てきても良かったよなー。
かっちょいい
NAO

NAOの感想・評価

3.4
2019.08.18 on Netflix
-----------------------------------
主人公はヘリじゃなくケイト
-----------------------------------
バカばっかりだし容赦ないし、深夜に観たいB級大作って感じ。ケイトのぶっ飛び加減が◎
歩

歩の感想・評価

3.0
最強ヘリに挑む主人公が観れると思いきや…

ブルーサンダーのデザインがカッコいい
あと逆走の達人の奥さんが最高
yassoon

yassoonの感想・評価

3.2
Netflixに追加されていたので視聴。のどかな80s映画。警察のヘリが巡回中に個人宅の女性を常習的に覗いたり、機密事項である高性能ヘリ"ブルー・サンダー"が訓練で狙撃を許容される一般人はテロリスト10人に対し1人までだったり、そのブルー・サンダーの警備が普通のヘリと同じレベルだったり、F16がLA市街でロケットぶっ放したり(直撃を受けたリトル東京のAMO's BBQや金色のビルは超迷惑)、ブルー・サンダーのほうも市街地でF16を撃墜したり、ラストのブルー・サンダーの処理の仕方なんて単なるとばっちりで貨物列車の運転手さんは『勘弁してよ〜』って感じだろう(無事であってください)。今なら脚本としてアウトであろう出来事の連続。最新鋭ヘリに乗った主人公を機能の劣るヘリの悪役が追いかける展開、普通は乗るヘリを逆にしないとカタルシスがないのでは…ヘリが片方の主役だから良いのかな。それでも当時は胸躍らせて観ていたはず。『ロイ・シャイダー、カッコいいぜ!』『ブルー・サンダー万能ヘリだぜ!』とか思いながら。リアリティ・ラインとかそんなうるさいこと言わなかっただろうし。リアルなら面白いか、という問題もある。本編の感想とは関係ない事ばかり考えてしまった。36年経てば世の中や映画の見方って変わるものだな(遠い目)。(30-45)
chiyomi

chiyomiの感想・評価

4.1
『ブルーサンダー』1983年 ジョン・バダム監督 ロス市警のヘリ・パイロットが軍部による陰謀を嗅ぎつけ暴く勇気ある行動とスリリングなヘリバトルシーン。かなり昔の映画ですが見応えありのハイテクスリラー作品でした。主人公はともかく奥様も最高でした。
きっか

きっかの感想・評価

3.4
なんとなく観たら古い映画でした‪(;´д`)

ヘリ同士の戦いが迫力ありました。
最近の映画には負けちゃうと思うけど
昔の映画の良さがあったと思います(´ω`)

うちのおとーさんが好きそうな映画‪w
ベン

ベンの感想・評価

3.2
古き良きアメリカ映画!
ストーリー的に難があるけど、そこは愛嬌でヘリのドックファイトをお楽しみください(笑)
エアーウルフがBell222そのまんまなのに対してこちらはちゃんと改造を施して戦闘ヘリっぽいので好き。危険な任務に就くのにローターブレード2枚では変だし。内部のデザインは負けてるけど。
>|