ダウン・バイ・ローの作品情報・感想・評価

ダウン・バイ・ロー1986年製作の映画)

DOWN BY LAW

上映日:1986年11月22日

製作国:

上映時間:107分

ジャンル:

4.0

あらすじ

カリスマ・ロックシンガーのトム・ウェイツが映画初主演、ロベルト・ベニーニ共演によるジャームッシュ・ワールドの集大成的3作目。ヴェンダース作品で知られる名撮影監督ロビー・ミュラーを迎え、ファンの間でもとくに人気の高い作品。舞台はニューオリンズ。チンピラのザックとラジオDJのジャックが、それぞれ間抜けな罠にかかり刑務所の同じ房に入れられる。そこに不思議なイタリア人旅行者のロベルトが加わって、脱獄した…

カリスマ・ロックシンガーのトム・ウェイツが映画初主演、ロベルト・ベニーニ共演によるジャームッシュ・ワールドの集大成的3作目。ヴェンダース作品で知られる名撮影監督ロビー・ミュラーを迎え、ファンの間でもとくに人気の高い作品。舞台はニューオリンズ。チンピラのザックとラジオDJのジャックが、それぞれ間抜けな罠にかかり刑務所の同じ房に入れられる。そこに不思議なイタリア人旅行者のロベルトが加わって、脱獄した3人の逃走の行方はどこともつかぬどこかへ…。

「ダウン・バイ・ロー」に投稿された感想・評価

クソかっこよい映画なんだけど、かわいらしさとか茶目っ気もあって…。本当に最高映画。ジムジャームッシュほんと好き。
画面をいつまでも眺めてられんじゃないかってくらいきれい。監獄のシーンとか特に。
あと最後の食事シーンで無性にパンが食べたくなった。
ゆるくて大好きな作品。
Jun

Junの感想・評価

4.2
純粋に面白い上に、ジム・ジャームッシュのクセ
lionkun

lionkunの感想・評価

3.7
かみ合わない三人
ラストでのかっこいい別れ
画が良い
あゆみ

あゆみの感想・評価

4.5
最初に流れてる曲と映像にもうハマる♪

お洒落ぶってないのに、お洒落なの。

夜のシーンの雰囲気がたまらない。
何してるわけじゃないのに、ずっと観てられる。

「彼が西なら俺は東さ、分かるだろ?」

「あぁ、分かる。」

脱獄ズッコケ3人組に不思議な連帯感が生まれてくるし

分かれ道のシーンなんて、めちゃくちゃカッコイイし…(*^^*)
ラストだけなら、評価5‼︎

ベニーニが今回もお喋りで笑った〜

一つ残念だったのが、ルイジの店に2人が入るシーンでDVD静止(꒦ິ⌑꒦ີ)その後、次の朝にとんだ…。
静止すると一気に現実に引き戻されるみたいで悲しい。

ジャームッシュ監督作品はこれで3つ目だけど、あぁ、この作品も好き!!もう多分、好きな監督さんだな〜。
雰囲気が毎回ツボです☆

今年はジャームッシュ作品沢山観ます♪
だから、評価はまた変わると思います☆
とまと

とまとの感想・評価

4.3
脚本好きセリフがもう良すぎる

ボブがお母さんのうさぎの話してるシーンとか、超いい。

普通大衆的な映画とか番組だと3秒ルールって言って、人に退屈に感じさせないためにワンカットが長く続いて3秒ぐらいなんだけど、ジャームッシュは定点で10秒超えても飽きさせないのがすごい。逆に魅力が出る。
まさ

まさの感想・評価

4.0
ヤバイくらい好きなやつ

ジャームッシュ初期の名作ですね。脱獄もので、安定の面白さ。たまに「第三の男」みたいなシーンがありニヤッとします。

キャストはジャームッシュ作品の常連が勢揃い。トム・ウェイツ、ジョン・ルーリー、ロベルト・ベニーニ…

トム・ウェイツのDJが最高に好きなんです。監獄の中でジョン・ルーリーと2人しかいないシチュエーション…そんな暇な中であんなDJのしゃべり聞いたら楽しくてしょうがないだろうな(笑)そこにロベルト・ベニーニがぶち込まれてくるのですが(笑)ロベルト・ベニーニのキャラもマジでヤバイですよ、笑わない人いないんじゃないかな(笑)特にロベルト・ベニーニのメモ帳ね(笑)どこで覚えてきたんだかわからないが、とにかく最高なんです!ちなみに、この作品は食事シーンが良い!脱獄した3人に食事を振る舞うのは、ロベルト・ベニーニの奥様。お似合いで、とても素敵ですね(^ ^)
DarcyAnam

DarcyAnamの感想・評価

4.5
あっさり脱獄してて笑える。
最後の別れ方がホントにカッコいい。
3人共捕まらないでほしいね。
yuki

yukiの感想・評価

1.0
ジャームッシュは多分もう見ないな
mia0708

mia0708の感想・評価

3.5
記録用
>|