機動警察パトレイバー2 the Movieの作品情報・感想・評価・動画配信

「機動警察パトレイバー2 the Movie」に投稿された感想・評価

けい

けいの感想・評価

3.9
4DXでみるという奇行を犯しつつ見てきました。
この映画ってここまで社会派だったっけ。以前の自分はどんな気持ちでこれを見たのか思い出せない。

パトレイバーという題材を使っているだけで、東京とその生活の幻想、そして戦争を描く。

平和とは、戦争とは、なんともその境界があやふやになりそう。社会の正しい在り方とは画一的には決められないとだろうなあ。

昨今話題らしい、軍事力配備ががっつりメインテーマでした。

ただ、全体をみてそれがどうより、自分がどう在りたいかを選択するしかない、ね。
昨年に劇場版第1作を鑑賞して
間も無く本作も初鑑賞していたが、
内容の難解さからレビューできず、
今回は再挑戦の意味も込めた再鑑賞。
結果、やはり難解な政治的やり取りを
完全に理解しきれた訳ではなかったが、
理解したいと思わせる
魅力的な政治劇と人間ドラマだと思った。

物語は2002年の冬、横浜ベイブリッジに
一発のミサイルが撃ち込まれた事で
東京を中心に緊張が走る中、
バラバラとなっていた特車二課の面々が
最後の任務へと赴く内容となっている。
前作と違って第二小隊の出番は少なく、
隊長である後藤喜一や南雲しのぶが
物語の主軸となっているが、
後藤隊長と本作に登場する荒川との
政治的な問答はとても興味深く、
戦争経済で成り立つ偽りの平和
対する南雲隊長は事件の犯人である柘植
への複雑な心境が描写されており、
結末に関してもどこか官能的に思えた。
又、出番の少ない第二小隊の面々の中で、
以前はレイバーを心底愛していた
泉野明の成長が印象的であり、
「レイバーを好きなだけの女の子でいなくない」と語る等、
その成長に達観さを感じるのと同時に
寂しくも思えてしまう部分だった。
そのような繊細に描かれる人間ドラマや
政治的模様こそが、
個人的に本作の見所だと感じられた。
加えて、基本的に派手な
アクションがない作品ではあるが、
幻の空爆シーンにて情報が錯綜する
様子からは静かな緊迫感があり、
とても現実味をおびていると思った。

本作の不満点を言うなら、
レイバーの出番の少なさ及び、
本作を"パトレイバー"という
題材で描くべきだったのかという点だ。
終盤のレイバーによる戦闘は、
言ってしまえばレイバーの見せ場
を用意しただけの印象が強く、
物語そのものもリアル志向な展開なだけに、
レイバーという世界観を構築する要素が
返って不協和音に思えてしまった。

この偽りの平和がいつまで続くか
秤しかねるが、遅すぎる事がないように
身構えたいと思う。
(それも遅いのかもしれないが…。)
"平和"という万人に愛される
言葉の裏に隠れる血生臭い戦争によって成り立つ繁栄は、
果たして平和と言えるのだろうかと問われる、
素晴らしい人間模様を描いた作品だった。
ルチア

ルチアの感想・評価

1.0
BS12にて観賞

前作を観たので続編も録画しておいて、観なきゃ観なきゃと思いつつ、なかなか観ようという気にならず。
そんな気持ちで観始めたものの、まったくお話に入り込めず。
多分、リアルな感じのやつなんでしょうけど、とにかく面倒くさい。
前作でも思ったように、こうゆう面倒くさいのは若い頃に観たら良かったんでしょう。
途中で居眠りしちゃって、余計にワケ分からなくなって、ラストシーンになって「やっと終わったか」というだけの感想。
なので、評価が低いのは私のせいです。
rxsxhxc

rxsxhxcの感想・評価

4.3
中学生くらいで一度見た時に全然理解できんかったので再挑戦、よかった。
都市の物語。
パト1を観た直後に鑑賞
相変わらず光る演出力で前作よりさらにパワーアップした気がする。
高速道路を走っているだけの車内での長ーい会話シーンは本作のハイライトの一つだと思う。
物語のプロットは1と同じだが、東京で戦争が起こそうとするテロリストに近い革命家柘植は前作よりもキャラとして興味深かった。
高度経済成長やバブルを知らない平成生まれの自分にとってパト1、パト2の犯人の動機とか思想ってすこし実感が沸かない部分があるけど、
その知らない空気感を感じることができる作品という意味で楽しめたし、
1もそうだったが特車二課が最後に必ず「やったー!!」ってなるのは単純化していて娯楽的で良いと思った。
この前BSでやってるの、たまたま気づいて久しぶりに。
真正面から日本の安全保障を問うたパトレイバー。押井守やっぱ凄いわ

当時映画館で初めて見たときは、まだ高校生でちんぷんかんぷんだった😂
Ryu

Ryuの感想・評価

3.9
ロボットアニメなのにロボットを全然出さないとか、哲学的な語りとか、小難しい台詞とか、暗い世界観とか劇場版1より押井守節が出まくってて好き。押井守作品はこうじゃないと。
スルメと同じで徐々に病みつきになるのよね、この感じ。

このレビューはネタバレを含みます

特車二課のメンツがほぼ出てこずに、隊長を主人公に据えた作品。全てのシーン、全てのカットが精密に考えられていて最高。
話の筋はOVA版と似通った陸自のクーデターを止めるために暗躍するといったもの。
クオリティは高いけれど、二課のみんなが目立たないのはやっぱり残念。
のいる

のいるの感想・評価

5.0
数年ぶりに視聴。
すごすぎる。
全シーンレイアウトが本当にヤバい。
確かにおもしろいのだがそれ以外になんかわからんが凄いというクソデカ感情が脳内を占有する。
2022.05.14
BSの録画したやつ
>|

あなたにおすすめの記事