機動警察パトレイバー2 the Movieの作品情報・感想・評価

「機動警察パトレイバー2 the Movie」に投稿された感想・評価

bouze

bouzeの感想・評価

5.0
めちゃくちゃ良い
31monks

31monksの感想・評価

3.2
演出が好き。長広舌が気になった。他の作品でもよくあることだけれど。
moru

moruの感想・評価

2.5
オープニングでおぉっと思って、その後はとても眠かったよ
かっこいい…
タケダ

タケダの感想・評価

4.5
パトレイバーはほとんど出てきません。

ロボットアニメの続編だと思って敬遠してる方がいたら勿体無いんで2作品とも見てください。

ゼミの課題で見た。

押井守とAI。正義と不正義。戦争と平和。機械を愛することが出来るのか、現在の自動運転技術問題に繋がる事も言ってる。。。らしい。
より深い
政治色。

前作に次いで
お若い子たちがこれみて
歓喜するのか?

と思いながらも。
WOWOWの解説見ると
評価が高い第2作。

じぶん。
若かりし頃

わかりませーん。
みな
成熟してますね…

取りのこれされ感じますわ。
udon09

udon09の感想・評価

5.0
これぞ押井節!
暗くてマニアックでちゃんとドンパチあって起承転結
これは押井守にはまったなと思った作品でした
一つの事件で生じた恐れと猜疑心は過剰な防衛行動を生み、それが更なる恐れと猜疑心を生む。そうやって気付いた時には事態は取り返しのつかないところまで来てしまっている。

本作品はそのような負が負を生んでゆく連鎖をアニメとは思えないほど見事な演出で描き出している。

特に、静と動のシーン対比が印象的で、動の展開なら演出や音楽でゾクゾクするような緊張感と共に事態の進行が描き出され、静なら静寂の演出やシーンの中で思考や感情の海に沈んで事態の全貌に迫ってゆく。

そうやって、静と動の展開を繰り返してゆく中で、平和ボケした社会は徐々に緊迫感が高まっていき、それと同時に事態の全貌が見えてゆき、クライマックスに突入してゆく展開は実に見事だった。

一方で、セリフ等がやや難解なこともあり、一度の視聴では内容をきちんと理解するのが難しかった点は少し残念。竹中直人さんの声は雰囲気があって作品によく合っていたと思うが、やや聞き取りづらくもありお経のように眠気を呼び出す効果もあった。

また、一番残念なのは、本作品はSFミステリーとしては素晴らしい作品なのだが、それがパトレイバーである必然性があまり感じられないところだ。旧特車二課第二小隊だけでなく、レイバーそのものがそれがなくても物語に支障がないように思えてしまうのはパトレイバー好きとしては少し悲しいところだ。
え

えの感想・評価

3.7
荒川の話が
>|