機動警察パトレイバー2 the Movieの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

「機動警察パトレイバー2 the Movie」に投稿された感想・評価

日本映画の至高です。
日本が謳歌している平和とはなんなのか。
押井監督の手直にパトレイバーという題材があっただけで、この話をパトレイバーである必然性はありません。
伊藤

伊藤の感想・評価

5.0
前作よりも、かなりシリアスに寄った社会派な作品。娯楽色は影を潜め、パトレイバーは殆どと言っていいほど活躍しない。押井監督は、虚構を描き出すことが上手いという評判をよく目にするが、それが如実に表れた作品である。実在しないテロ事件を契機に、作り出された擬似戦争状態、物語が進むにつれ悪化していく現状。ついには、自衛隊のクーデターまで起こる。
虚構というものを通して、現実を炙り出す一連の展開には素晴らしいの一言。
現代社会においては、虚構が溢れかえっている。しかし、そんな虚像も人々が認識してしまえばそこに像を結び実態が生まれる。そんな人間社会の脆さ、危険性に警鐘を鳴らし、嘘が真に裏返る社会で、一体何が真実であるかという事を、反証的に示した非常に実験的で意欲的な作品である。
近年、集団的自衛権や憲法9条改正などの話題が挙がっているが、当時この時点で自衛隊について社会へ発信していたという時代の先見性には驚くものがある。
そんな社会的な内容もありながら、南雲しのぶを巡るトレンディドラマのような展開も最高である。終盤の切ない展開には思わず涙が出てしまった。

文句なしの5点。
manami

manamiの感想・評価

-
ものすごくオシャレなんですけどー! 音楽とか構図とか色づかいとか、人物の関係性とか! 何よりもセリフが!箴言金言だらけなんですけどー! 「国家に真の友人はいない」「戦争が現実的だったことなどない」他にもいっぱいあった、セリフ聞くためにもう一回見たいな。
とにかく私も後藤さんに「待ってるから」って言われたすぎる。もう今作の主役は後藤さんでしょ。

私が実写化するなら、後藤さんは誰かな。西島秀俊じゃ力みなぎりすぎかな、オダギリジョーじゃまだ若いかな、浅野忠信とかいいかも。しのぶさんは?池脇千鶴じゃ小さいかな、尾野真千子じゃ強そうすぎるかな、仲間由紀恵とか竹内結子とか合うかも。何この妄想、めっちゃ楽しい。
ムスタ

ムスタの感想・評価

4.0
1のエンターテインメント性の高さから一変、かなりドラマ性に重きを置いている
あらゆるキャラクターたちの考え方や行動の意図が見てて楽しいし
終盤の旧特車二課のメンバーが集結し解決にのぞんでいく過程は、こう静かにワクワクさせられる。
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

4.0
劇場版1の方がエンタメに徹してるので面白いと言う人が多いのもわかります。少なくとも、当時ロボと二課にワクワクしてた子供たちに向かって作るような内容ではないと思います。でも一つの映画作品として考えるとこれすごい面白い。作り込まれた作品です。これ、大人にならないと面白く思えないアニメ映画の走りなのかな。でも当時の子供達、ポカーンだったろうな・・・。
「パトレイバー」ではないが、まごうことなき名作。川井憲次の乾いたBGMがリアルな東京を彩る。
クリス

クリスの感想・評価

4.3
前作と打って変わってシリアスでかなり渋い創り❗

PKO法で軍隊が海外派遣された事による軍人によるテロ行為というまたしても実際に有りそうで恐い展開❗

レインボーブリッジ爆破され宣戦布告されても警察の官僚達は、結局自分達しか守らず一般市民を無視する辺りはやはり組織改革が必要だと思う。

主役が後藤隊長と南雲隊長になり事件解決の為に冷静にしかし確実に追い詰めていくカッコ良さと南雲隊長が3号機に搭乗していく所も良かった🎵
1に続き視聴。更に渋い仕上がりでとても良い。とにかく街を描くのが抜群に上手く、魅入ってしまう。台詞回しも素敵。傑作でしかない。何度も観たくなる。面白い。
Kuni

Kuniの感想・評価

2.0
2013.1.26 日経のサイトで押井さんが中間管理職の後藤が主人公の映画、と紹介していたので、TSUTAYAでレンタル。1993年の映画とあって携帯が古かったり、時代を感じるところもあったが、映像としては綺麗だった。ストーリーはイマイチ。
千里

千里の感想・評価

3.9
話は難しくって頭の弱い私には理解不能状態なのだけれど…
作画はほんとに神がかってる。
シリアスの中にちょこっと笑えるシーンとかあるのは押井さんらしくて好きだなぁと。
とにかく曖昧、この曖昧さが難しいって思えるんだけど、醍醐味でもあるんだろうな〜