カリオット

魔王のカリオットのレビュー・感想・評価

魔王(1996年製作の映画)
3.6
かなり宗教色が強く芸術的かつ幻想的な映画でした。主人公の数奇な運命(ゲーリング元帥が出てきたり)にどうなっていくんだろう??とワクワクしながら見てしまいました。かなり奇妙な設定ですがフィクションとしてとても楽しめました。後半からナポラのような学校が出てきます。ユーゲントがこんなにしっかり出てくる映画は珍しいのでは..?若き少年たちの訓練シーンは見ものです^_^