けい

時をかける少女のけいのレビュー・感想・評価

時をかける少女(2006年製作の映画)
4.1
リバイバルで上映されていて、スクリーンで初めて観ました。

青春ド直球の恋愛を、タイムリープ絡めて描いた名作、と思いきや、歳を重ねると違う見方も出来るもので。

劇中に何度も出てくる英文もそうだし、そもそもタイトルもそう。

僕らはみんな、時をかけて生きている。
時間を巻き戻して、別の選択を行っても、どういう選択をしていっても、完璧な答えはない。けど、それらに向かっていくしかない、という。未来に向かうとはそういうことなんでしょう。

何か新しいことに踏み出そう、という時にまた観たい作品でした。