トンビ

時をかける少女のトンビのレビュー・感想・評価

時をかける少女(2006年製作の映画)
4.3
約1ヶ月ぶりに活動再開。
久々なので、何を見ようか迷ったが、ちょうどよく地上波で放送されてたので、時かけに決めました。

何回目の鑑賞になるかは不明。笑
けど、何回見ても楽しめる、そこがいい。

こういう作品の場合は特に、主人公が純粋で真っ直ぐな性格だと、台詞なり行動なりか、より心に染みますね。

個人的には、
"待ち合わせに遅れてきた人がいたら、走って迎えにいくのがあなたでしょ?"
って台詞がなんだかんだお気に入り。笑

タイムリープという非現実的なのに、どこが現実と調和している雰囲気がたまらない。
おそらく、真琴のタイムリープを使う理由が小さなことだからだろうか。
何か大きな野望とかを持ってる人が、タイムリープできるようになったら、当然まったく違う作品になるみたいに。

どんな話でもいき過ぎず、どこかうまくバランスを保って仕上げてくれる、そんな細田守監督の作品が、今後も楽しみで仕方ない。