時をかける少女の作品情報・感想・評価・動画配信

時をかける少女2006年製作の映画)

上映日:2006年07月15日

製作国:

上映時間:100分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「時をかける少女」に投稿された感想・評価

けい

けいの感想・評価

4.1
リバイバルで上映されていて、スクリーンで初めて観ました。

青春ド直球の恋愛を、タイムリープ絡めて描いた名作、と思いきや、歳を重ねると違う見方も出来るもので。

劇中に何度も出てくる英文もそうだし、そもそもタイトルもそう。

僕らはみんな、時をかけて生きている。
時間を巻き戻して、別の選択を行っても、どういう選択をしていっても、完璧な答えはない。けど、それらに向かっていくしかない、という。未来に向かうとはそういうことなんでしょう。

何か新しいことに踏み出そう、という時にまた観たい作品でした。
Pn

Pnの感想・評価

4.6
キュンが止まらん!!みらいで!!待ってたいです!!
本作を鑑賞するのは3度目。ロードショー公開、レンタル開始時、そして今回。
何度観ても面白くない。紺野真琴、間宮千昭、津田功介らの送る青春が普通過ぎて退屈だし、タイムリープによって繰り返されるギャグもまるで笑えない。仲里依紗、石田卓也、原沙知絵など声優がヘタなのもマイナス効果。
とは言え、細田守の描く青春ドラマは口うるさいマニアから一般の観客まで心をつかんで離さない。日本、いや世界中から高評価を得ている。たしかに映像もキャラクターデザインの貞本義行はじめ、作画も美術も素晴らしい。僕にはあわなかったが、本作もまた日本を代表するアニメ映画であろう。
moe

moeの感想・評価

4.5
・絵がとっても綺麗で、優しい雰囲気のストーリーに癒された。
・その時の相手の言葉や想いをしっかりと受け止めることが大事だと感じた。
・自分に正直に、今を精一杯生きようと思う。
ShihoSaito

ShihoSaitoの感想・評価

4.0
細田監督のおすすめ映画は?って聞かれたらこれを推す。

優しいのに切ない。
最後の余韻が本当に切ない。
子どもころ見てなんとも言えない切ない気持ちになったな〜
この映画にsunbrainっていうグループのgo to flyって曲が合うと子どものころ思ってたんだけど、どう?
ET

ETの感想・評価

-
夏、青春、涙...!
餡珈琲

餡珈琲の感想・評価

4.5
夏を感じる青春の物語。必死に走るシーンやちあきが告白してから戻ってくるシーンの何とも言えない絶妙な間が好き。タイムリープのハラハラ感が何度見ても楽しい。
time wait for no one.
>|