Ryoko

生き残るための3つの取引のRyokoのレビュー・感想・評価

生き残るための3つの取引(2010年製作の映画)
3.7
ファンジョンミン見たさに。
ファンジョンミン。血なまぐさい映画が似合いますね。今回は、わりとシブめの刑事役。でもやっぱりチョンチョン兄貴が一番かな!
「新しき世界」の監督が脚本を担当した本作。
出世、権力、金を求めた警察、検察、元ヤクザの3人の男たちのズブズブの関係と駆け引きを描いている。
正義なんてものは一切出てこず。真っ黒です。潔さすら感じます。

婦女暴行殺人事件に始まり、捜査ミスの揉み消し。犯人のでっち上げ、癒着、足の引っ張り合い。
駆け引きに次ぐ駆け引き。その行き着く先が気になる作品。
検察役のリュスンボム、元ヤクザ役のユヘジンと、なかなかのアクの強いお顔二人の存在感が凄い。デカイ声でガーガーとわめき散らすから、うるさいしかなり胡散臭い。

警察学校出てないと出世街道に乗れないとか、学歴がものを言う韓国社会の一端を見れたのも興味深かった。