のるのる

リトル・ダンサーののるのるのレビュー・感想・評価

リトル・ダンサー(2000年製作の映画)
4.0
貧しい家の男の子が家族の反対もありながらバレエダンサーとなるまでの物語。男の子の純粋な『好き』という気持ちが徐々に周りの人を動かしてゆく見ていて気持ちのいい映画。笑いあり涙あり、そして最後の最後のシーンでとてもいい終わり方をします。心がすさんだ時見たい映画ね。