「リトル・ダンサー」に投稿された感想・レビュー

タナカノゾミ™
タナカノゾミ™の感想・レビュー
2017/01/23
-
後半40分くらい泣きっぱなし
RihoKimpara
RihoKimparaの感想・レビュー
2時間
4.0
ハート溢れるお話
Attic
Atticの感想・レビュー
19時間
3.7
ジェイミーベルって本当に美少年でした。男がバレエをすることは今とは違い、昔でしたら絶対反対されることだと思います。その中で自分の素直にしたいことを追いかけて、。お父さんも息子への愛情があって、。と、とても良かったです。

何よりも曲がとても良かった。シーンと曲がマッチしており、印象として強く残っています。
特にthe clashのlondon calling、the jamのtown called maliceが流れててたのは嬉しかったですね〜。Trexも良かった〜。
ストーリーはベタだけど素直にいい映画そんなものだとおもいましたね〜。ぜひ!
さやかん
さやかんの感想・レビュー
1日
4.3
めっちゃいい話だった。
感動した。涙した。
夢を叶えるって素晴らしいなあ。
子供の才能を認めてあげれた家族素敵だった。
久しぶりにいい映画をみさせてもらった。
おやすむら
おやすむらの感想・レビュー
1日
5.0
この映画から教わったこと。子供は家族の愛で育まれるということ。親は子供を愛さずにはいられないということ。悲しみや不条理な世界であっても戦わなければならないということ。涙はひとを強くして嘘がないということ。T.RexやThe jamが素晴らしいアーティストだということ。自分の人生という舞台で人はだれしも、踊り続けるということ。小さな希望と大きな夢のスポットライトを浴びて成長した少年。リトルダンサー。私はこの映画が本当に大好きです。人が忘れてはいけないこころの在り方全てが詰まっている。何度見ても泣かなかったことがない。大好きなんです。

まず、少年の父親が炭鉱系頑固おやじの映画で咽び泣かないことなんてありますか?ないですよね。よれよれのパジャマの胸元を自分で握り締めながら沢山の場面で呻き声を上げながら泣いてしまいます。自分の家庭環境や現状に苦しみが抑えきれなくなったビリーが初めて先生に明確な言葉で反抗してしまうシーン、きっとビリー本人が一番傷付いていただろう。一生自分のなかでわすれない言葉を言ってしまったね。青くて子どもで小さな器が今にも壊れてしまいそうな、抱きしめて上げたい。兄と父親がいう「まだ11歳なんだ」という台詞の対比。ズルいです。最期までこの頑固で不器用なパパには感情をかき乱されます。息子のためなら、あれほどストライキを起こしていた自分でさえ、破りに行くんだね。妻に先立たれて社会的に経営難な炭鉱と上手くいかない日常。自分が正気で立っていられるかも分からない中、目の先で精一杯の笑みをこぼしながら踊り続けた我が子。父親の奮い立たされた姿がもう、もうね。親子共々、走り出しちゃうんだね。細かいところまで、泣かせるよほんと。

この映画をただの泣き映画と思わないでほしい。自分を忘れ、環境を忘れ、現実を忘れ、ただ踊ることが楽しいと電気のように鳥のようになれると無我夢中で踊りつづけたビリーの毎日が、観る人の心の炎を燃やして眠らせないのだと思う。悲しみが回りまわって、もう死んでしまいたいと思う夜があっても、私はこの映画を見たのならば生きていけると思うような気がします。それは、夢が叶うとか、奇跡を信じるとか、そんな安直な事じゃなくて、18歳の自分に当てた母親の手紙をもう読んだと言い切ってしまう可愛い捻くれ少年ビリーの眼差しに、トゥシューズに、あのダンスに、勇気付けられるから。いつまでもこの作品が人々のなかで輝き続ける世界でありますように。生涯の一本です。
有理
有理の感想・レビュー
1日
3.7
バレエ興味ない人も見れるはず!
夢の追いかけっこ
ゆう
ゆうの感想・レビュー
1日
-
家族愛に何度も涙しました
かえる
かえるの感想・レビュー
2日
4.3
この映画にでてくるお父さんが自分のお父さんとソックリで思わず号泣。
就職活動頑張ろうって思った。
もりすけ
もりすけの感想・レビュー
2日
-
久しぶりに映画で目頭が熱くなりました。

夢を追いかけるのに年齢関係ないとは思うけど、この映画は特に若い方に観て欲しい。この四月で就職や進学で地元を離れた人もいるでしょう。今見るべき、ぴったりのものです。

定期的に観ようと思います。
>|