リトル・ダンサーの作品情報・感想・評価

「リトル・ダンサー」に投稿された感想・評価

CMY

CMYの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

確か日本公開時の邦題はリトルダンサー。
はじめて観た時にイギリスの労働者階級というものをなんとなく理解できた様な気がした。
鮎眠

鮎眠の感想・評価

3.8
ずっと観たかった名作 ザ・ムービー
ビリーエリオット、愛されすぎて困ったな 眉間にシワ刻み込まれたような父ちゃんもみーんな愛おしい最終的には
ラストシーンが完璧 音楽の効果がすごい ちゃんとコメディ
み

みの感想・評価

4.8
出てくる人たち全員が不器用だれど一生懸命で、みんなが愛おしく思える作品。
ビリーが母親からもらった手紙を読むシーンは涙なしでは見られない。何度も見ても泣けて、勇気と愛をもらえる作品です。
karinto3

karinto3の感想・評価

4.8
2回目の鑑賞。
何度見ても胸が熱くなる。
炭鉱の町に生まれたビリーがバレエと出会い、のめり込んでいく。炭鉱夫の父は最初こそ反対するものの、ビリーの踊りを見て、息子をバレエ学校に通わせる決意をする。
父、兄、祖母、先生、友人。ビリーが夢を叶えるまでにはたくさんの人の思いが詰まっていて、だからこそビリーは強く躍動できる。ラストのシーンは圧巻。
私はビリーがなんどもなんどもピボットの練習をするシーンが大好き。
みやこ

みやこの感想・評価

4.3
ビリーの物語でありビリーのお父さんの物語。お兄さんがお別れの時にfサインしてその後I miss youって言うのは、兄弟って、そういうものなんだよなあ〜
デビーの多感な雰囲気とかマイケルのビリーへの片思いとか揺れる思春期…って感じで見てるこっちがドキドキする
辛いけど明るいよ!
>|