はっち

アイアンマンのはっちのレビュー・感想・評価

アイアンマン(2008年製作の映画)
4.0
   【私がアイアンマンだ】


正直に言います。。

マイベストムービーのベスト3に「エンドゲーム」と「インフィニティ・ウォー」を入れてるんですよね。
「それ程MCUが大好きなんだな」って思われてそうですけど…

実は本作観ておりませんでした‼️🤣🤣
なので、今更ながらみます‼️
(ジャンピング土下座🙇‍♂️)

実は「アベンジャーズ」から入ったので観てない作品は本作だけじゃなかったという… だめだ、どんどんボロが出てくる😂笑

最近MCUマラソンをされてた方に偉そうな口叩いてなかったかな?💦
それだけが心配…ですけど、誰にもしてないよね😌笑

って、レビューに入る前に大発見しちゃいました!!

それは、本作でトニーがマーク3(赤いスーツ)のアーマーを取り外すシーンの背後にキャプテン・アメリカの盾がチラッとだけ映ってたことです‼️
って、あれ?
みんな知ってたかな…?(´・ω・`)

ちなみにこの時の盾はスタッフがお遊びで合成したものだったみたいです😌


🤖🤖🤖🤖🤖🤖🤖🤖🤖🤖🤖🤖🤖🤖


ただのアクション映画では無く、しっかりとメッセージ性のある作品だと思いました。
「自分が何に情熱を捧げるべきなのか」
「いかに戦争が無惨で悲惨なのか」
ということを知ることができたような気がします⭐️




本作はMCUの原点となる作品であり、あまりに有名作なのでもはや感想はつらつら述べません!

ここでは本作にまつわるトリビア、小ネタを紹介したいと思います!⭐️



⚫︎トニー・スタークはモーツァルト??

マリブのスターク邸にオバディアが訪ねてくるシーン。

この時、オバディアがピアノで演奏したのはイタリア🇮🇹を代表する作曲家アントニオ・サリエリのもの。

映画化もされた有名な戯曲「アマデウス」には、サリエリが天才作曲家モーツァルトの才能を妬むあまり毒殺してしまった、と打ち明けるくだりがあります。

この選曲こそが!

オバディアが本作における黒幕であったということを示唆しているのであると思われます。



⚫︎TVの女性司会者、実は…?

MCUには「WHIH Newsfront」なるTV番組が存在します。

この番組の司会者はクリスティン・エヴァーハートという人物です。

本作ではトニーの倫理観や経営の姿勢を強く非難しますが、アッサリと一夜を共にしてしまう方です。  

この時、彼女は「ヴァニティ・フェア」誌で勤務しており、のちにキャスターに転向したということになります。

また、現実の世界でも「WHIH Newsfront」という同名のYouTubeチャンネルが開設されており、MCUの作品紹介を鑑賞できるそうです♪




⚫︎アニメ「アイアンマン」の主題歌をアレンジ

・アポジー賞の授賞式の出囃子
・トニーがカジノで興奮しているシーン
・トニーとクリスティンのベッドシーン

など、まだ自分がヒーローと自覚せず、ヒーローに目覚めていない時代のトニーが軽率な行動を取るたびに流れる軽快なBGMがあります。

これは1966年に放送されていたTVアニメ版「アイアンマン」の主題歌をアレンジしたものだったそうです!!

粋なことをしますね*\(^o^)/*




ー余談ー

色々と訳あって、1ヶ月ほど甥っ子ちゃんと一緒に過ごすことになりました♪
目一杯愛でてやるから覚悟しろぉぉ╰(*´︶`*)╯

ほんじゃ、かわいい甥っ子を抱っこしてくるか🥰















トニー・スターク/アイアンマン

★ロバート・ダウニーJr.

「アベンジャーズ」のハチペディアに記載済み。







ペッパー・ポッツ

★グウィネス・パルトロー

「セブン」のハチペディアに記載済み。









オバディア・ステイン/アイアンモンガー

★ジェフ・ブリッジス

カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。
父ロイド、兄ボーも俳優。
8歳の時、父のTV番組でデビュー、高校卒業後に正式に演技を学び70年に映画デビューした。
4度のオスカー候補を経て「クレイジー・ハート」(09)で主演男優賞を受賞。


他の主な出演作品

「ラスト・ショー」

「サンダーボルト」

「キングコング」

「天国の門」

「トロン」

「スターマン」

「タッカー」

「恋のゆくえ」

「フィッシャー・キング」

「失踪」

「ブローン・アウェイ」

「白い嵐」

「ビッグ・リボウスキ」

「光の旅人」

「シービスケット」

「ローズ・イン・タイドランド」

「ヤギと男と男と壁と」

「トロン:レガシー」

「トゥルー・グリット」

「ゴースト・エージェント」

「ギヴァー」

「最後の追跡」

「さよなら 僕のマンハッタン」

「キングスマン:ゴールデン・サークル」

「オンリー・ザ・ブレイブ」

「ホテル・エルロワイヤル」