アイアンマンのネタバレレビュー・内容・結末

アイアンマン2008年製作の映画)

Iron Man

上映日:2008年09月27日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「アイアンマン」に投稿されたネタバレ・内容・結末

全てが安心して観られるアメコミ

トニースタークの金持ち感とか、アイアンマンの相手が会社争いの父親の親友とか分かりやすすぎて良い
記念すべきMCU第1作目。アイアンマンのオリジンが描かれた今作はMCUを語る上では欠かせない傑作だと思う。一見おちゃらけて見えるトニーも、行動原理にしっかりしたものを持っており、とにかくカッコいい。ただの金持ちではなく、自身の才能を持ってスーツを開発しているところも好感が持てる。そして何より、最後の「I am Iron Man」は鳥肌モノ。
マーベルの映画初めてちゃんと観た!
意外と観入ったから結構好きかも!
ホームカミングで出てきた時よくわからなかったから、アイアンマン観た上でもう一回観たい。他のシリーズも。
アフガニスタンで通訳してくれたおじさん死んじゃう所が悲しかった。
小学生でも楽しめるヒーロー
仮面ライダーより好き
秋のアイアンマン祭り開催中

今思うとロバートだいぶ若いね
10年前だもんな
今だからではなく当時からドハマリしててまさかこれがこんな超大作になるなんて!
バットマンとは違う
ちょっと皮肉が効いてる
でも正義感がある
まさに自分的大好物
スーツをみて目がキラキラした
本当に初心の気持ちを思い出すと胸アツ

今となってはシリーズ最後のほうがフューチャーされがちだけど
始まりはここ

残念なのは大佐がここで俳優変更なることよね
この黒人さんがよかった
全てはここから始まった
アメコミヒーローもの。久しぶりに痛いアメコミヒーローさんだ。デアデビルとどっこいどっこい。とにかく本作はあくまで序章というスタンスで作られていて、約2時間中1.5時間アイアンマンができるまでの紹介に費やしている。
勧善懲悪は致し方ないけど、アフガニスタン出すなよ。アフガニスタンの人たちはこうだっていう刷り込み感じた。よくないな。
ロバートダウニーJrのアシスタントが赤毛グウィネスパルトロウっていうのは素敵だった!
エンドゲームを観た後に、再度見るべき作品
お金持ちで天才頭脳のトニースタークは父の会社スタークインダストリーで武器を開発。
新兵器の披露会でテロリストに拉致。拉致された場所でアイアンマンスーツを開発。それを使い脱出。それを機に武器開発をやめ、自分がアイアンマンスーツを着用し悪と戦うヒーローになる。
最初から最後までおもろかった
スパイダーマンとかと違って
自分でヒーローなるところがまたよかった
トム可愛い
>|