Yuya

ニュー・イヤーズ・デイ 約束の日のYuyaのレビュー・感想・評価

4.4
仲間がみんな亡くなった事故から生還した少年二人の 死ぬ日を決める選択 死ぬまでの一年で仲間がやりたかった事をやろうとする行為って 言ってしまえば無意味だし 若さ故の自暴自棄っぽく思えるんだけどさ
彼らの生い立ちを越えた友情 家族や友達の遺族 亡くなった友人や教師との ちっとも利己的じゃない向き合い方をじっと見てると その純粋さや真っ直ぐさが 大人になってしまった自分の心には無いもんなのかもって…
確かハタチくらいの頃に観て やけに哀しくなったなぁ 大人になって社会との関わり方を学んだのと引き替えに 大きな"何か"を喪ったような気がしてね

今もう一度観たら どう思うのかな
"蒼さ"が眩しくて 霞んじゃうかもな