ねこたす

トップガンのねこたすのレビュー・感想・評価

トップガン(1986年製作の映画)
-
トム・クルーズ祭2本目はなんといっても出世作!!
トップ養成所の名前は~、ドン!!とワンピースばりのタイミングで「トップガン」とタイトルが出る。フゥ~、上がる!!

トニー・スコットといえば大味の大衆映画で有名であり、全編その時代を表す洋楽が流れ続ける。勢いの勝利といった感じ。

それでも、映画として大事な芯は外さない。戦闘機乗りを題材にした映画なのだ。戦闘機が飛んでいるシーンがかっこよくなければ全て台無しと言える。
全面的に海軍の協力を取りつけ、見事な飛行シーンが撮影されている。空だけだと単調に思えるが、構図を意識し青空だけでなく夕景を用いたりと工夫が感じられる。

ストーリーも良くも悪くも一本道。こちらの想像を超えたり裏切ったりすることは起きない。
恋愛関係も先生と生徒という微妙な距離感を演出する。主人公のマーベリックは技術に優れるが感覚的。連携を取ったり周りの意見を聞こうとはしない。

もちろんしっかり挫折するが、冒頭の彼のように選択していれば…と振り返って思わせる。
全てを失いどん底のように思えたが、それでも気にかけてくれる人はいる。若干甘やかしすぎな気もしないでもないが、そうさせるだけの魅力が彼にあることの裏返しだろう。
教官も同じような経験をしており、父の真相についてもここで明かされる。そして強制はしない、自分で選ばせる。

養成学校が舞台ということもあり、一番美味しい最後の戦闘まで実弾を使わない模擬演習だ。なので、同じような戦闘でも迫力が段違いだ。
そして初めて味方と連携を取ろうとする。そのカタルシスが非常にたまらない。

そんな彼が選ぶ進路とは。失った彼だからこそ伝えられることがあるのだろう。