ブラッド・ダイヤモンドの作品情報・感想・評価

「ブラッド・ダイヤモンド」に投稿された感想・評価

紛争ダイヤモンドの話。少年兵がどうやってなっていくのか、その過程も悲しい。現実にある残酷。先進国として、知っておくべき真実。
chil

chilの感想・評価

3.8
二度目の鑑賞で自分の中で美化していても尚、やはり良い映画だと思った。
なによりソモロンが素晴らしかった。
たまに見たくなる映画の一本。
ダイヤ採掘を巡っての利権争いで内紛が勃発しているアフリカが舞台です。2003年に“紛争ダイヤ”の売買を阻止する制度“キンバリー・プロセス”が導入されましたが、いまだに売買は続いているようです。。ブラッドピッドが演じるダイヤ密輸者がその問題を追っている女性ジャーナリストに次のように言います。「君も“血のダイヤモンド”を売っている。誰がダイヤを買う?大きな婚約指輪を欲しがるアメリカ人の女だ、君らのご立派な雑誌に載ってる指輪を欲しがる。人を批判できるか?君らも、それに加担してるんだ」と。それに対して彼女は、次のように答えました。「指輪にも殺し合いにも関わらない人はいるわ」と、彼女自身は実際にそうなのでしょうが、ブラッドピッドが言うように私達は時に意図せずとも問題に加担することがあります。
それを阻止そるのは消費者である私達自身が問題意識をきちんと持つことです。この作品のテーマの紛争ダイヤだけでなく、私達が生きる社会には他にも多くの問題があります。想像力を働かせて、自分も無意識の加担者にならないように気をつけていきたいと思いました。
キンバリープロセスがなぜ策定されたのか、その重要性がよく分かる映画。
去年ボツワナで見聞きしたダイヤモンドの生産過程は、まさにそれに乗っ取っていたと感じる。
目を背けずに観なきゃいけない作品だと、生きるために少年兵に、心を殺さなきゃ生きていけなかった。
TIA 心に刺さった。
紛争している国は今もこれか
命が軽く扱われすぎだろ。
観るべき作品でした。
デカプリオ良い演技でしたー!
今日ゼミで久々にこの映画の話きいて、クリップしてないことに気づいた〜観るのが辛かった記憶
ただの「レオナルド・ディカプリオ主演のアクション映画」として見た人には、ヘビーかつ少し難しい内容に首を傾げてしまった人も多いかも!
ダイヤモンドを巡るアフリカの紛争をテーマに、アフリカの難民、少年兵をメインに悲惨な状況がめちゃくちゃ伝わってきて、いい意味でレオナルド・ディカプリオの演技に喰われないほどに深い内容で150分があっと言う間!これはおもしろかった
この映画を観るまでは
全く想像もしない、考えた事がなかった
題材をテーマにしている作品

自分の知らない世界に
衝撃と何とも言えない悲しさからの幕開け
知らなくていい事もたくさんあるけど
これはみんなが知らなきゃいけない事
だと思いました。
きっと現実は
こんなもんじゃないんだろうと…

たくさんの人がこの映画を観て
色々な事を感じ、少しずつでも
世界が変わっていけばいいなと
願っています。

映画としての評価はさておき
また一つ知らない世界を見れた事に
この評価とします。

7/12 hulu
Narumi

Narumiの感想・評価

4.5
衝撃。
衝撃がやびい

マディーは、なりたい人間像。

とにかく、衝撃が。。

もっと早く出会いたかった映画


ウガンダに飛び立つ前に
アフリカシリーズ観よーっと
の軽い気持ちだったケド、
アフリカシリーズ
オススメを教えてください。。
shu

shuの感想・評価

4.0
今まで観ようと思って、観てなかった作品やけど、これは普通に面白かった。シエラレオネの内戦時が舞台で、平和ボケしている日本人には衝撃的シーンも多いと思う。無差別虐殺、少年兵にアクションシーンも盛り沢山。けどその根幹にあるのはダイアモンド。宝石で金になるし高いけど、個人的には宝石は全く興味ない。いつか興味湧く日がくるのやろか。10年以上前でもやっぱりディカプリオは上手いな。けど今回のディカプリオは結構悪い人間であるのに、ディカプリオやからなんか良い人に見えてしまう。あと黒人の人とヒロインとの3人がメインキャラであるけど、その3人の仲良しグループではない関係が良かった。10年以上前の映画やから、現在のシエラレオネの状況はわからんけど、少なくとも当時よりは良い状況やと思いたい。
>|