ブラッド・ダイヤモンドの作品情報・感想・評価・動画配信

ブラッド・ダイヤモンド2006年製作の映画)

Blood Diamond

上映日:2007年04月07日

製作国:

上映時間:143分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「ブラッド・ダイヤモンド」に投稿された感想・評価

335

335の感想・評価

4.0
思ったのと違った。良い意味で!どうして人を簡単に殺したりすることができるの、、。思ったより残酷だった。本当にこんなことがあったの?信じられない。まだアフリカには少年兵がいるって苦しい。アーチャーの最後のところ感動した。平和が何よりも一番。
くらも

くらもの感想・評価

4.5
元ジャーナリストである監督が入念なリサーチと構想の末、作り上げた本作。
シエラレオネの内戦を長引かせていた背景である、不正に取り引きされ資金源になっていた"紛争ダイアモンド"にまつわる社会派アクション。
戦争アクションものには耐性がないため終始ドキドキしっぱなし。かなりスリリングだった。
本作の題材についてはもっと要勉強。
ただ、ダイアモンドがそうであるなら畜産業も消費者の行動が第一歩になるのではと思った。
Madoka

Madokaの感想・評価

5.0
傑作
平和で知らない自分に苛立ち、悲しくなる
りほ

りほの感想・評価

4.0
もっと早く見なかったことが悔やまれる。
少年兵のシーンでビーストオブノーネーションを思い出した。
S@toshi

S@toshiの感想・評価

3.4
何度も観た。少年兵の場面が辛い。
デビアスの闇。
omatcha

omatchaの感想・評価

3.5
少年兵の件しんどかった

3人とも自分の役割を果たした感じがかっこいい

2020 No.222
Neto

Netoの感想・評価

-
ダイヤモンド密輸は知っていたけど、これを見て消費者としての加担をやめる人はどのくらいいるんだろう。
「同情して寄付する?」「記事を読んで何が変わる?」「白人がダイヤモンドを求めるのはわかる、でもなぜアフリカ人同士が戦う?」グサグサ刺さった。
白人によって黒人が助かる展開は気になるところもあるけど、黒人以外の力がないと皮肉にも彼らを救えない仕組みが出来上がってるんだと改めて思わされた。
ダイヤの密輸に手を染める元傭兵と貧しい漁師の話。

実際にあった話なんやな。
今もアフリカでは紛争や多くの少年兵がいる事実が信じられない。改めて平和な日本に感謝。
mai

maiの感想・評価

4.0
すごく昔に観て正直ストーリーは詳細には覚えていないけれど、すごく良かったなという印象が残っている。最後の最後に芽生えた友情に感動した。
これは必見ですね! 紛争ものの作品としては秀逸の出来。アフリカ地域のこと、資源争奪戦を戦う現地、先進国、周辺地域。

人間どもよ! 私も含めて何て欲深い生きものなのか…

正直、皆さんのレビューを拝見していなければ、手に取ることはなかった作品。
単にレオ様を愛でる映画ではない…
脚本も演出も、ストーリー展開も全てにおいて良い。

金、銀、原油、プラチナ、そしてダイヤモンド💎。
凡そ資源争奪戦は、正に近世人類の歴史そのもの。
欲望という名の電車に乗り、人を騙し、人を殺め、土地を収奪する。

民を殺戮し、男を奴隷にし、女を犯し、子供たちを洗脳して味方に引き摺り込む。

そんな中、密輸業者と漁師、ジャーナリストが時に離反し、時に手を結んで、お互いの目的に向かう。

そこで心的交流も。
ハラハラドキドキの連続、しかも、面白い。先進国に暮らす民として、恥を知る…
メッセージ性を含めて、素晴らしい作品だと思います!
>|