GreenT

月に囚われた男のGreenTのレビュー・感想・評価

月に囚われた男(2009年製作の映画)
4.0
無機質で幻想的な月の映像が、映画の雰囲気を体現していてスゴイいいです。ぜひ暗い部屋で観て欲しい!あの映像から得られる閉塞感が、この映画のトーンを決定づけていると思うので、それがないとこの映画の面白さが半減しちゃうと思われます。私も昼間に鑑賞したので、テレビを完全に遮光できる部屋に移動して観ましたが、正解でした。

音楽もいいし、映画評論家からの評価も高いのですが、「映画好きの認知科学リサーチャー」が選ぶ、「質のいいサイエンス映画」では5位、「科学的に正しい映画」の9位、「科学的に妥当性の高い映画」の3位に選ばれているというお墨付き映画!しかし一番スゴイのは出ずっぱりのサム・ロックウェルなんですけど、ネタバレなしでは先を語れないので、この先ご注意!!



**********



月面からヘリウムを採掘して、地球にエネルギー源として送る仕事をしているサム・ベル(サム・ロックウェル)の生活の様子が面白いです。話しかける相手はロボットのガーティ(ケヴィン・スペイシー)しかいない。一人で仕事して、一人で遊んで、任期は3年。単身赴任だって3年は辛いと思うのですが、完全にコンピュータ制御になっているので、人間の技師は1人しかない。

しかも、地球とのライブ交信できるシステムが故障中で、マザー・アースにいる家族や会社の人たちとは、ビデオ・メイルとか、間接的・一方的な交信しか出来ない。そのせいでサムもかなり辛いようで、あと数週間で帰還できるというのに、体調が悪くなり、幻覚を見たりして、大気のない外で作業中に事故に合ってしまう・・・・・

初めて見た時は、もう一人のサムが出てきて大混乱!!2回観ないと話が入ってこなかった。なかなか興味深い話ですよね。月でヘリウムを採掘するという作業をさせるのに人を送りこまなくちゃできないんだけど、こんな完全孤独の単身赴任なんて、そうそうしてくれる人もないだろうし、なんたっていちいちトレーニングしているんじゃ時間がかかる。で、エンジニアを一人トレーニングし、その人のクローンをたくさん作って置けば、もう他の人を雇う必要もない。コスト削減!

これってあり得る話ですよね。海外赴任する人も、その国の言葉や文化に精通して、現地採用のスタッフとコミュニケーションも上手く取れるようになるまで時間がかかるのに、3年から5年くらいで帰国させなくちゃならない。最近では駐在したいって人もあまりいないようで、人材を育てるのもコストかかるけど、そもそも行きたがらないんじゃ、優秀な人のクローン作って置いとけるってのはありがたい。

でも、クローンの人権はどうなのよ?って話ですよね、これ。クローンのサムは、オリジナルの本物のサム・ベルの記憶を植え付けられているため、奥さんと子供の記憶がある。ずーっと会いたいなあと思いながら我慢してきたのに、自分はクローンではないかと疑いを持つ。そしていろいろ調べ始めると、昔のクローンの記録ビデオを見つける。

それを見ると、クローンの寿命は3年らしく、歴代のクローンは皆、3年で病気になってしまい、それでも地球に帰れるシャトルに乗るんだけど、それはシャトルではなく、使い終わったクローンを焼却する装置だったのだ。そしてロボットのガーティがまた新しいクローンを目覚めさせ、仕事はなんの影響もなく続いていく。

地球とのライブ通信が途絶えていたのも、作為的にそうなっていると気づいたサムは、通信妨害がない地域まで古いラップトップを持って行って、地球の家族に電話する。すると、まだ小さい子供のはずの娘がもう15歳位で、しかも本物のサム・ベルも一緒にいるとわかる。

サム・ロックウェルは、すごい好演してました。最初のサムは、髪はぼさぼさ、しゃべり方とかもユルい(ロックンロール!ベイベー!みたいな)んだけど、新しいサムは、いつも険しい顔して気難しそう。サムは、元々そういう人みたいなんだけど、何年も誰にも会わないような生活をしてきたので、人格が変わっちゃったらしい。同じサム・ロックウェルが演じているのに全然違う人みたいで、このコンセプト、新しい!と思った。同じ役者を使うのは似せたいからじゃなくて、同じ役者なのに「本当に同じ人なの?」って思っちゃうって。

ロボットのガーティの声をやっているケヴィン・スペイシーもハマってました。無機質でありながら甘ったるい喋りをするじゃないですか、この人って。それがまさに「サムに忠実なロボット」感を出していて良かった。あと、「スマイル」の絵文字みたいので感情を表すところがさすがに10年前の映画だな〜と思わされますが、でもこの絵文字がガーティの感情を意外に良く表現していて可愛いし、同時に不気味でもある。

月でサムが住んでいる基地が、"Sarang"っていう名前で、基地内の表示も英語とハングル文字の併記なのですが、コレってどういうリフェレンスなのだろう?単に未来のこういう科学はアジアの方が優れていて、アメリカの会社も韓国製の宇宙基地を使う、っていう設定なのか、それとも、これは韓国とのジョイント・ベンチャーかなんかで、従業員を「非人間的」に扱うのがアジア流っていうイメージなのか。

しかしなぜ韓国なんだ、日本って宇宙開発は遅れているイメージなのかなあ〜なんて思ったのですが、無機質な月のイメージは、日本の月周回衛星「かぐや」が撮った月の映像からヒントを得たものだと、ウィキに書いてあった。それなのに、日本の会社っていう設定にしなかったのは、2009年でも日本と韓国の違いがわからなかったのかな?それとも、ハングル語が未来っぽくって良かった、みたいな単純な理由なのかなあ。

とにかく、とても地球に帰りたがっていた最初のサムが、ボロボロになって死んでいくのが不憫だった。2人目のサムは無事に地球に帰れて、そのせいでこの会社がクローンをやっていたことが企業倫理を問われ株が暴落したとか、帰還したサムを「嘘をついてる移民か精神病者だ!」と攻撃する世論があったりなどをエンディングで表現していましたが、私的には、2人目のサムも地球に帰れず、「誰にも何もバレることなくヘリウム採掘は続けられた」というエンディングの方が、衝撃的で良かったんじゃないかなあ〜と思いました。