ガンモの作品情報・感想・評価

「ガンモ」に投稿された感想・評価

NOOO000ooo

NOOO000oooの感想・評価

4.0
ラリークラークの「KIDS」の脚本ハーモニーコリン作といえば、スタイリッシュだけどゲスい作品を想像する方が多いと思うけど、90年代のアンチヒーローがハードコアにのせザラついたMVのような映像で描写される反面、世紀末を想像させる胸糞作だった。

思えば、今作は世紀末の97年作であり、かつてドイツの映画監督ヴェルナーヘルツォークが今作を「真のSF映画」と評したという記事を読んだけど、たしかにウサギの被り物の少年は世紀末の使者に見えるし、未来の世界の終わりを描いたSF映画なのかもしれない。今作で描かれる世紀末はなんとも表現しがたい胸糞悪さで、登場主要人物全員が、ヤク中(シンナー)や奇形児、あるいは障害者や精神患者であり、そのビジュアルはとてもリアルすぎて申し訳ないが気持ち悪い。彼らが猫を何匹も殺して精肉屋に売って金にするなんてのは序の口で、悪臭漂って虫が湧いてそうな風呂の壁にベーコンが貼ってあったり、1ヶ月は変えてなく見える茶色い湯船の中でママが運んできたナポリタンスパゲッティを牛乳で流し込み、ママは隣で糞しながら息子の髪の毛を洗い、スパゲッティの途中でこれまたママが「デザートよ」なんて言って運んできたチョコバーを茶色い湯船に落とし拾い食べる。。。みたいな数々の世紀末な描写は目を背けたくなるほど汚い。

ジャケにあるうさぎ少年が汚いトイレの便座で世界を憂いアコーディオンを奏でるジャンクな音のように、かつて障害者を演じたデカプリオのリアルな演技には高い評価をした反面、本物のリアルな障害者にはキモいと評価をする自分の素晴らしい評価のように、つまりは「素晴らしきこの世界」を描いた映画なのだろう。
LEONkei

LEONkeiの感想・評価

3.3
〝ガンモ〟と言ってもこの物語は、豆腐屋で売っている〝がんもどき〟の話ではない。

次々と流される人々の映像に不快極まりなく胸くそ悪い感情が沸き立ってくる。

しかし、その抱く感情を起こす自分も結局は同じ穴の狢で同類なんだと、鑑賞後しばらく経ってから気づかされる。

細かい内容について今自分がココで語ったなら、違った意味で登場人物と同じく不謹慎で汚い言葉を吐いてしまうだろう。

人間に感情がある限り、偏見や思い込みや好き嫌いは大なり小なり誰にでもある。

これはドキュメントか?と思わせるリアルな独特の描写は刺激的で生々しい。

創作と現実を交差させる事によって生み出された〝ハーモニー・コリン〟ワールドに、目を背けながら引き込まれるという不思議な感覚に苛まれる。

とにかく色んな意味でヤバそうな人々のオンパレードで観るに絶えがたく、綺麗ごとでは済まぬ現実社会の日影で生きる人々たち。

それでも彼ら彼女らに力強い生命力を感じるのは生きる本能と、上辺だけの世界とは違い本音で1日1日を生きているからだろう。

何回も観たくなるような映画ではないが、暑い暑い真夏の熱帯夜に衝撃を与えられた。

ちなみに〝ガンモ〟とは〝がんもどき〟の事ではなく、喜劇俳優マルクス兄弟の四男〝ガンモ・マルクス〟から取ったらしい。

人によっては気分が悪くなり反吐が出そうになるかもしれないので、決して人には勧めたくない映画の1つでもあります。

閲覧注意ならぬ鑑賞注意!
特に猫好きな方は鑑賞しない方が良いと思います..★,
めも
なにもしたくないときにもう一度見たい
あのスパゲティ絶対に美味しくないけど食べたい
#071
私には分からない。

今どきの若いファッショニスタみたいな人達が好みそうな作品。
aoz

aozの感想・評価

2.6
これは私ダメだった 途中で何回も早送りしたり切ったりした。だって猫好きだから…涙(なぜ見た)
かな〜り癖強めで、理屈じゃない世界。だから、ちょくちょく出てくる何気ない、他愛ないシーンは結構脳裏に焼きつく。こういう、クソ最高で、クソ最悪で、またはそのどちらとも言えない映画は、理解しようと真剣に観ると面白い。太った双子の姉妹の膝の上に足を伸ばして座って、ペディキュアしてもらうの順番待ちしてるシーンと泥水っぽいのが溜まったバスタブの中でパスタとミルクセーキを食べ飲みしながらママにシャンプーしてもらってるシーン特に好き。ママうんこしてたけど。
バニーボーイの何とも言えない表情に胸が痛い笑
高橋

高橋の感想・評価

3.6
ハーモニー・コリンの持つ美学が炸裂している…
>|