ガンモの作品情報・感想・評価

「ガンモ」に投稿された感想・評価

NOOO000ooo

NOOO000oooの感想・評価

4.0
ラリークラークの「KIDS」の脚本ハーモニーコリン作といえば、スタイリッシュだけどゲスい作品を想像する方が多いと思うけど、90年代のアンチヒーローがハードコアにのせザラついたMVのような映像で描写される反面、世紀末を想像させる胸糞作だった。

思えば、今作は世紀末の97年作であり、かつてドイツの映画監督ヴェルナーヘルツォークが今作を「真のSF映画」と評したという記事を読んだけど、たしかにウサギの被り物の少年は世紀末の使者に見えるし、未来の世界の終わりを描いたSF映画なのかもしれない。今作で描かれる世紀末はなんとも表現しがたい胸糞悪さで、登場主要人物全員が、ヤク中(シンナー)や奇形児、あるいは障害者や精神患者であり、そのビジュアルはとてもリアルすぎて申し訳ないが気持ち悪い。彼らが猫を何匹も殺して精肉屋に売って金にするなんてのは序の口で、悪臭漂って虫が湧いてそうな風呂の壁にベーコンが貼ってあったり、1ヶ月は変えてなく見える茶色い湯船の中でママが運んできたナポリタンスパゲッティを牛乳で流し込み、ママは隣で糞しながら息子の髪の毛を洗い、スパゲッティの途中でこれまたママが「デザートよ」なんて言って運んできたチョコバーを茶色い湯船に落とし拾い食べる。。。みたいな数々の世紀末な描写は目を背けたくなるほど汚い。

ジャケにあるうさぎ少年が汚いトイレの便座で世界を憂いアコーディオンを奏でるジャンクな音のように、かつて障害者を演じたデカプリオのリアルな演技には高い評価をした反面、本物のリアルな障害者にはキモいと評価をする自分の素晴らしい評価のように、つまりは「素晴らしきこの世界」を描いた映画なのだろう。
肉骨粉

肉骨粉の感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

私のアメリカに対するイメージ
10年ぶりに鑑賞。
数年前に竜巻に襲われたアメリカのとある町。被害によっていろんなものを「喪失」したままそこに暮らす少年達やアウトサイダー達の姿を描く。
画は最高にかっこいい。ホドロフスキー等アーティストの影響がところどころに見られるし、いろんなものをスタイリッシュにみせるコリンのセンスの良さにも驚くものがある。けれど、猫の扱いが酷すぎてその意味を汲み取る気さえ失せてしまう。猫の描写がなければもっと楽しめた。
shiori

shioriの感想・評価

4.6
とうとう観てしまいました。バニーボーイがかわいすぎる。あとの感想はかききれない。この監督の他の作品も観ることになると思います。
Kohl

Kohlの感想・評価

2.3
悪くも実験映画って感じ、うさぎの被り物の男の子に釣られて見たけど、メインキャラクターでは無いっていう。所々、好きなカットは時々あるけど、ちょっと偶発的過ぎて、本当に落書き帳にこれ逸脱してていいんじゃねって感じのアイデアをキメラ的にツギハギ作った感がある。風呂でシャンプーしてもらいながら、トマトスパ食べるの真似したさはある。
TzlTTqTj

TzlTTqTjの感想・評価

3.6
とある町をハリケーンが襲った。
たくさんの命が壊された。

自転車と銃、猫。ピンク色の耳は兎。バスタブとスパゲティ、チョコバー。

つなげて意味を見出せそうな気もする。けど何か感想を言うくらいなら「下らない映画だった」と匙を投げたほうがマシな気がしている。今の私には、よくわからなかったけどつまらなくはないと思います。
marika

marikaの感想・評価

-
家庭環境とか障害の有無とか本当に運でしかない 明日は我が身かもしれないのに忘れちゃってることや人が多すぎる 自戒の意味も込めてですが
しゅん

しゅんの感想・評価

4.6
日常に潜むマイノリティーを、ふるいにかけて抽出した感じ。ホドロフスキーみたいに非現実的ではなくて、かなり現実的だから、胸糞悪く感じる人が多いのかも。
イツキ

イツキの感想・評価

4.0
胸糞。映像も映像を見て考えることもしんどいけど好きな映画だった。
こ

この感想・評価

3.1
例えにしてはいけないものだけれど、広島の原爆のモノクロ映像をみているような映画だった〜うさ耳のついた少年が弾くアコーディオンは、伸びた時、キラキラの紫色になるのだけれど、そのキラキラの紫色が、この映画全てを表しているような感じがした〜
>|