浮草の作品情報・感想・評価・動画配信

「浮草」に投稿された感想・評価

格好良い。マッチのシーン。
Chia

Chiaの感想・評価

3.7
様々な関係性を客観視できるいい作品。
親と子、夫婦、仕事仲間、家族…
小津さんの作品は、客観視できる部分がありながらも人ごとには見えない感じがすごく素敵です。
ゆき

ゆきの感想・評価

-
終わり方まで全部いいなあ。若尾文子の爽やかすぎるナンパよ。
RanUeda

RanUedaの感想・評価

4.0
構図と、人物不在のシーンがすごく好みだった。若尾文子が可愛過ぎて息が上がる。
ひかり

ひかりの感想・評価

4.6
京マチ子は「雨月物語」のイメージが強かったから、この作品での人間人間したお芝居に驚いた。表情というより、目で全ての感情を表現できる女優さん!!

中村鴈治郎、杉村春子の、さらっと、でもその場面にもうその役と同じくらい根をはやして存在してる感が凄かった。

他の俳優さんにも言えるけど、昔の映画って、今よりも、ディーデールはともかく「その世界に私はずっと生きてますからね」感が凄くて、そのキャラクターを安心して、信頼して物語に入り込める。
小津安次郎監督作品
自身の浮草物語をリメイクした作品


旅回りの駒十郎(2代目芦屋鴈治郎)一座が港に着いた
駒十郎は一膳飯屋のお芳(杉山春子)を訪ねる

かつて二人の間にもうけた清(川口浩)が郵便局員になっていると知り喜ぶ駒十郎
清にはお芳の兄、叔父ということにしている2人だった
 
駒十郎の現在の連れ合いすみ子(京マチ子)は2人の仲を知らず経緯を古株の団員から聞き出す
面白くないすみ子は加代(若尾文子)を使って清を誘惑させる。。






以下ネタバレ



子供の頃みた港町の原風景
懐かしい感じがする
母親の実家は元網元で割りと裕福だったようで昔の立派な家でこの作品を見ているとそれを思い出した
赴きがあるなぁ🚢

許されない仲で今でいうシングルマザーで育てられた清
川口浩さんイケメンだぁ
子供の頃は水曜スペシャル川口探検隊の隊長として尊敬していたが母親はこんな仕事しているのかと残念がっていたのが鮮明に記憶に残っている😅
この頃の作品のイメージなんだと後で分かった

若尾文子さん、京マチ子さんも美しく
下っ端団員達のコメディ要素も楽しい
そして本当に恋仲になった2人
解散していく一座

今回は田舎の港町を舞台に
何時もの普遍的な家族愛がテーマの作品
KMD

KMDの感想・評価

4.2
可笑しくも儚く愛おしい人間模様。親子の釣り、雨の夫婦喧嘩、郵便局での誘惑、船での情緒、駅での和解、あまりに印象的なシーンが多い。京マチ子と若尾文子と肩を並べられる女優が今後日本に現れるだろうか。名作。
MS

MSの感想・評価

-
振り回し系男性、振り回されても良しとする系女性の物語はちょっと‥
Haru

Haruの感想・評価

4.2
なんと言っても、
あの雨の中の軒先のシーンが好きなんですが(カメラワーク最高です)
色んな人間模様が詰まった、大人な映画でした。
小津映画の中でも、好きな映画でした。
>|