ktr

最強のふたりのktrのレビュー・感想・評価

最強のふたり(2011年製作の映画)
4.4
一度目はタバコへの嫌悪感で集中できなかったんですが、二度目は凄くいい映画でした。

フランスの人種差別差別、経済格差がはっきりと表されている印象を受けます。しかし様々な面で対照的な2人がそんな違いを物ともせず、強い友情で結ばれていく姿が感動的でした。音楽もクラシックからファンクまで有名所を幅広く楽しめるし、ブラックジョークが最高に面白い。

ドリスが弟を助けるシーンや母親を手伝うシーンなど、所々台詞を入れず背景音楽で流しカメラワークで補完することによって、心温めつつ物語のテンポも損なわない点も良かったです。

また絵画好きとして2人の友情を取り戻すきっかけにダリの絵を使うことにグッときました。ドリスの抽象画は描いた時の躍動感がストレート伝わってきて私はいい絵だと思います。パリで見た風景がちらほらあったからまた行きたいな。