海老

最強のふたりの海老のレビュー・感想・評価

最強のふたり(2011年製作の映画)
3.8
とても暖かく、とても興味深い話でした。

こういう話に触れると、
「差別とは?」「平等とは?」が、どうしても頭を巡ります。

全身不随の気難しそうな富豪と、粗暴な若者が次第に心を通わせていく物語。その点を切り取って見ると、最初は横一文字に口を結んでいたフィリップが次第に楽しそうに笑う姿はとても可愛らしくて、破茶滅茶なドリスに振り回される様は可笑しくもあります。

ドリスだけはフィリップを人間として扱ってくれる、と序盤にフィリップ自身が語りますが、何も聖人君子のような存在というわけでも、当人に高尚な志があるわけでもなく、無遠慮に土足で上がり込んでいるだけだったりします。それこそ人によってはレイシスト!と叫んで卒倒しそうな度を超えた行動もチラホラ。
「これは健常者用。お前は食っちゃダメ。冗談!笑えるだろ?」とか言い出すんですよ。笑えるわけなかろう、と見ていてハラハラする。しかし結局のところ、そんなドリスの無神経な茶化しに当のフィリップが笑っている事実。

ハンデキャップをコケにするのは差別か?普通に考えたら差別でしょうね。じゃあ腫れ物に触れる態度で接するのが正か?それもまた差別になり得るし、本作ではフィリップ自身が同情に嫌気がさしていることも示唆しています。対等が平等とは限りませんが、平等に徹していれば良いというものでもない。

常識や良識は役に立つ尺度ではありますが、それらの枠ばかり見て、目の前の人を見ないのは怖いことだなと、ドリスを見ていると思います。

勿論ドリスの行動が教科書だなんて話でもありませんし、押し付けめいたこともありません。
理屈をこねるより目の前の人間と付き合うことで、本来交わらなかった(Intouchablesな)二人の縁を結ぶ、素敵な友情物語。

垣根を超えた夢のあるストーリーで、じんわりと心が暖かくなりました。