しめじろー

最強のふたりのしめじろーのレビュー・感想・評価

最強のふたり(2011年製作の映画)
4.0
障害とか病とかを前面に押し出した感動作なのかなと思っていたんですが、実際観てみるとめちゃくちゃ普通の普遍の友情物語で、よかったです。車椅子を見ればお涙頂戴を疑う自分が恥ずかしいですね。
オペラのシーンすごい好き。崇高なオペラ鑑賞の席で、木役の演技に爆笑するドリス。そんな彼を見ていると、崇高に思えたオペラがとたんにしょうもなく感じられ、笑ったら悪いって!と思いながらも彼らと一緒に爆笑してしまう。爆笑しながら、ああこのための映画なんだなあって腑に落ちました。障害というアクシデント、触れたら悪いって。こんなこと言ったらまずいって。そういう対岸の火事を眺めるかのような遠慮や憐れみみたいなものを、ズカズカと踏み込んでくるドリス。そういう裏も表もない無遠慮な態度って、障害とか関係なく、人が真に求める人との繋がりなんじゃないかと思います。オペラが変なら笑う。踊りたければ踊る。人が凹んでる時に、「よう!フィリップ!」と屈託のない笑顔でズカズカ庭に現れる彼の姿に、あんな友人が欲しい、と思うと同時に、私も誰かのドリスになれるだろうか、と思わずにいられません。フィリップが大金持ちだからか悲愴感もなく、本当に普通の友情物語ですが、素直によかったです。悪ガキのようなおっさんふたりの会話も楽しい、いい映画でした。