カモメ

最強のふたりのカモメのレビュー・感想・評価

最強のふたり(2011年製作の映画)
4.4
車いすの大富豪と黒人の青年の友情物語。

○大富豪のフィリップの介護人を募集するための面接に訪れたドリス。しかしドリスは介護の仕事などする気はなく、失業保険を貰うための見せ掛けの就職活動を行なうために訪れたのだった。しかしフィリップはドリスを気に入り、黒人で素行不良なドリスを雇うことを周囲に反対されつつも強行。ドリスは1ヶ月住み込みでフィリップの介護をすることになる。
フィリップは首から下がまったく動かず、感覚も無い。何から何まで世話をしなければいけないことに困惑するドリスだったが……。

障害を持っている方に対して不謹慎だろ!!と思われるような事も平然と行なうドリス。足の感覚が無いことに対して驚き、フィリップをおもちゃにするシーンは、色々と大丈夫なの?映画を作っている人たち怒られないのかなぁ……と思ってヒヤヒヤでした。
けれど本当に対等な関係ってこういうことなのかなぁと思い考えさせられました。

もうちょっと真面目なストーリーかと思っていたのですが、笑えるシーンも多く、障害者のシモのお話だったり、なかなか深いテーマにもサックリと切り込んでいってくれているところが良かったです。
生まれも年齢も肌の色も、健常者か障害者かなんて関係ないぜ!というハッピーなストーリーが最高でした!!