nam

最強のふたりのnamのレビュー・感想・評価

最強のふたり(2011年製作の映画)
4.1
「立場の違う2人の美しい友情」

期待通りの素敵な映画。
障害者と健常者のお涙頂戴の友情の話かと思いきや、あまりフィリップ(フランソワ・クリュゼ)の障害やそのツラさなどには特に焦点を当てるわけでなく、
あくまで一つの個性やバックボーンとしての描き方に止めているのが印象的でした。

同時にドリス(オマール・シー)にも生まれや育ち自体が一種のハンデでもあり、そんな立場の違う2人が次第に友情を深めていく様子はとても良かった。

そんな立場の違いや壁を時に無神経で、図々しくも軽やかに飛び越えてくるオマール・シーの演技力やキャラクターが最高でした。
フランソワ・クリュゼも全身麻痺で顔や表情だけでの演技もまた素晴らしかったです。

特に冒頭のアバンタイトルでのカーチェィスシーンが最高で、短いシークエンスでのやりとりだけで端的に2人の立場や関係性、キャクターを観客に伝える事ができており秀逸と感じました。

綺麗にまとまった友情ストーリーなので万人オススメできる作品かと。