最強のふたりの作品情報・感想・評価

最強のふたり2011年製作の映画)

Intouchables

上映日:2012年09月01日

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「最強のふたり」に投稿された感想・評価

eirina

eirinaの感想・評価

2.8
ユーモアもあり、社会的な部分にも理解がある、エンターテイメントとして。
※ラストが苦手なだけ
すぎ

すぎの感想・評価

4.3
弱い者同士が信頼関係を築いて支え合えあう。重苦しい内容の中にユーモアが沢山溢れてる。2人の友情はまさに最強だった。久しぶりに"良い"映画を観た。
tETu

tETuの感想・評価

3.9
阿部慎之助が引退する今こそ観るべき映画であった

属性だけを見ていては深い関係は構築できない、当たり前だけどね
tomonori

tomonoriの感想・評価

4.5
とても爽やかな友情の物語!
コンセプトは「グリーン・ブック」とか「最高の人生の見つけ方」に似てるけど、とにかくドリスが素直・自由で、周りの人を笑わせるのが上手いのが印象的。
時間が経つにつれて少しずつ仕事も日常の振る舞いも丁寧なものになっていて、真剣にやっていれば人は少しずつ良い方向に変われるんだと思える!
私、ちょっと今、自分の人生に自信なくなってて。元気をもらった映画だったなーと思って、再鑑賞。

いい映画ってのは、いわずもがなだけどね。今の私にはねー、自分の欠点も後悔も後ろめたいことも辛いことみたいな色々ぜんぶひっくるめて肯定して、ユーモアを持って生きてくって大事だなーと思わせてもらえた。もちろん、良いところもね、ちゃんと見つけて。自分でも、他人でも、誰でも。

あ、そうね、私の周りにいてくれる人たちへの感謝もね。



以下、この作品とは関係ないけど。
映画ってさ、知らない世界を知るきっかけになるけど、でも他人の悲しさや苦しみがそれで理解できるわけでもないし、私が軽ーく知ったかぶりしたところで世界の何が変わるよって話なんだけどさー、それでも世界と繋がる1つの手段だし。一方で、自分の内面を知れたり、色んな感情や考えが炙り出されたりする、なんていうんだ、内的なツール?、でもあったりして。おもしろいよねー。大好きだな。

あと、曲中にfeelig good使われてたよ。
Kamille

Kamilleの感想・評価

4.5
フランス映画の傑作。

心がホッカホカ。
めっちゃ評価高いから観た。心あったまった。ドリス優しいなあ。
Ayuns

Ayunsの感想・評価

4.0
ドリスに影響されていくフィリップが見ていて楽しかった

フィリップが笑うと嬉しくなる

このレビューはネタバレを含みます

物語的に大きいどんでん返しなどは一切ないが、画面的な表現や音楽、俳優の演技も全て素晴らしく、彼らの日常に没入したかのようなあっという間の2時間だった。
実は似た者同士なのにも関わらず境遇の真反対の2人が友情を深めていく様子が、非常にテンポよくユニークに描かれている。ダンスのシーンなんかはとても印象的で、ドリスの陽気な部分が遺憾なく発揮されている名シーンだった。
2人の別れも無駄に脚色されて悲劇的・感動的に描写されていないのに、とても心に深く響く。
心に確実に何かを残してくれる名作でした。もう一度見たい。
>|