最強のふたりの作品情報・感想・評価

最強のふたり2011年製作の映画)

Intouchables

上映日:2012年09月01日

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「最強のふたり」に投稿された感想・評価

味玉

味玉の感想・評価

3.7
口コミほどの感動はなかった印象です。
メイン2人の心が重なっていく姿は素直に心温かくなります。
もう一声ここぞという仕掛けがあれば、、
Amazon prime 見放題終了間際で駆け込み視聴。

事故で全身麻痺の大富豪とスラム街出身の黒人青年の素人介護。

障害者に対して容赦、忖度しない明け透けなドリスとそれを楽しむフィリップとの軽妙なやりとりが気持ち良い。

いつもの手グセで盗んだ卵(宝石)、心を寄せる文通相手に自分が障害者である事を隠すためにこっそり入れ替えた写真、お互いの出来心からのちょっとした、ごまかし。これら伏線が見事に回収されるロードムービーのような美しいラスト5分が全て。

「バディもの」の傑作の一つ。
I am not familiar with French movies, so I don't know whether this is the stereotype of French movies or not. Anyway, this is one of my favorite movies.
ク

クの感想・評価

4.1
記録
みこ

みこの感想・評価

-
ドリスが理想的な旦那さん。オヤジ映画かと思ったら食わず嫌いのあたしの悪い癖でした。最高に心暖まる作品。
あ

あの感想・評価

-
実話だということに驚いた。

ドリスが段々とフィリップのために何かをしたいという気持ちが表情から伝わり感動した。
さらにそこからドリスがフィリップだけではなく、弟のために自ら動いて助けようとする人思いの姿に心打たれた。

フィリップはドリスの同情をせずありのままの自分と普通に接する対応が居心地がよく、嬉しかったのだと思った。

気を使うことと同情をすることは違うものだと知った。
ま

まの感想・評価

5.0
記録用
Hikaru

Hikaruの感想・評価

3.7
実話を元に作ったとあり、
現実味があってすごく感動する映画。
だけど、少し人種間の描き方に
差別を感じる人がいるのではないだろうか。
どんな形でも他人を思いやる気持ちは大切。だが、お互いが無理をせずに
ぶつかり会える関係が大切。
リメイク版が上映されるらしいので
そちらも見てみたい。
>|