最強のふたりの作品情報・感想・評価

最強のふたり2011年製作の映画)

Intouchables

上映日:2012年09月01日

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「最強のふたり」に投稿された感想・評価

見た後になんだか人生最高って思える作品。
障害は個性って学校で教わったけど、この作品見てたら、ん?ってなった。健常者って言葉をあえて使うけど、健常者なら個性がないのかってなるし、要は性格が大部分を占めるってことだと思う。
登場人物の性格が一部では両極端でありながらも、また一部では痛快なジョークを言い合い、息の合った2人でいて、この物語を最高に面白くしている。
プトロ

プトロの感想・評価

4.1
面白く感動しました.
さき

さきの感想・評価

4.5
最後鳥肌立った。。
まい

まいの感想・評価

4.0
かなり前に観た時は、みんなが言うほどじゃないじゃん思ってがっかりしたけど、もっかい観てみたら良かった。

感動で泣けるとかでなく、じんわりタイプの良かったやつ。
haruminmin

haruminminの感想・評価

4.1
だいぶ前に見たけれどちゃんと内容覚えてるくらい良かった。
BaBo

BaBoの感想・評価

2.8
確かに最強のコンビ!!
えあ

えあの感想・評価

4.5
予備知識ゼロで観た作品だけど、これは良かったなぁ!
『大統領の執事の涙』が今年観た一番だとしたら、これは二番目かも。

オマール・シーっていい俳優だね。
ドリスみたいな人間になりたくてもなれない。つらい。
nawy

nawyの感想・評価

4.5
言わずと知れた名作。なぜか後回しになってたけど遂に鑑賞。

まず驚かされたのが夜のドライブシーンから始まる神オープニング。Earth, Wind & FireのSeptemberのBGMとともに変化するカメラワークとか初っ端からクライマックスみたいで最高だった!

障害者の富豪と、それを介護する劣悪な環境で育った若者の友情を描いたストーリー。

ニュースなどで、障害者が1番嫌なことは健常者に気を使われることというのはよく耳にするけど、フィリップがドリスを介護人に選んだのは、そういう所が無かったからだろうなと思った。

終始、ドリス役のオマール・シーの粋で前向きな演技が、勇気を与えてくれるような作品。
>|