最強のふたりの作品情報・感想・評価

最強のふたり2011年製作の映画)

Intouchables

上映日:2012年09月01日

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「最強のふたり」に投稿された感想・評価

「平等」の意味をもう一度考えたくなった。
オマールが好きで観たけれど、やはり彼はいい。
純粋に良い映画。晴れやかな気分にしてくれる。
寺

寺の感想・評価

-
記録用
藤

藤の感想・評価

3.9
ハリウッド版の試写会が当たったのでオリジナルの方をと思い。実話が元ということであまり構えずに観れた。

コメディをベースにしたものなのに、フランスに聡くないためお国柄のジョークとか政治的な皮肉とかがあまり理解できなかったのが残念。だけど雰囲気だけは掴めるので障害がどうの格差がどうので重苦しくなることはなかった。

障碍者に対して下品で粗暴な言動が多いドリスにここまで言うか~って思うシーンもしばしばあったけど
配慮とか忖度…言い換えれば障碍者だからと言ってへりくだった態度を一切とらなかった彼がフィリップには必要だったんだとわかる場面の節々でじーんとしちゃう。
ただ「障碍者に特別扱いしてはいけない」という警鐘的なメッセージではなく、「このふたりがそうだっただけ」というベクトルに焦点当てられていたのが押しつけがましくなくて良かった。

音楽や、俳優さんの機微が手に取ってわかるような演技や表情も素敵でした。

奇跡もなにも起こらない日常で、だけど確実に琴線に触れるスッキリとした後味の映画。
m

mの感想・評価

4.8
記録
ふたりとも最強
オープニングでマセラティ・クアトロポルテのカーチェイスからのEarth, Wind & Fire「September」の時点で「なんか良さそうだぞ」と。

頸髄損傷で首から下が麻痺していて、さらにちょっと気難しそうな大富豪フィリップと、スラム出身で出所したばかり、明るく陽気でズカズカと距離を縮めるドリス。良いコンビだったな。
フィリップがどんどんドリス化していくのが好きだった。ピアス似合ってたし。

2人で車に乗る時、ルノー・カングーではなくマセラティ・クアトロポルテをチョイス。エンジンを吹かした時の2人の顔が、特にフィリップが楽しそうに良い顔してたのが印象的。「いいだろ!?」っていう男の子みたいな笑顔。そしてドリス無免だし!しかし体が不自由な人をマセラティに乗せるの大変だろうよ。

あとは誕生日パーティーでのダンスシーン。ここでもEarth, Wind & Fireだった。
ドリスの「踊れない音楽なんて」っていうセリフ。そして楽しそうに踊る。
確かにフィリップの言うとおり、彼には同情がない。楽しそうに踊る。
でも、あれで良いんじゃないいかな?って考えさせられる。

こういうのって考えれば考えるほど、気を使い過ぎたりしちゃうと、どんどんわからなくなる。
でもドリスは嫌味もないし、実は真面目てとても優しいし。本当に普通に接することができてた。あれ、できそうでできないよなぁ。
私が面接に行ってたら落ちてた人と同じようなこと言うだろう。
そういえばドリスのクラシック曲に対する簡単な感想が意外に的を得ていたよな。そういう人なんだろうな。

2人の笑顔が良かったなー。デートのためにオシャレするシーンとか、パラグライダーとか。特に髭剃りのシーンが良かったかなぁ。
今度リメイクが上映されるんだよね?ぐらいの気持ちで観たんだけど、あたたかい気持ちになれる映画でよかった。


しかしフィリップ、どんだけの大富豪なのよ?



あ、最後の最後、ご本人の映像は無くてよかったかな。実話が「ベース」だとしても、あれ?ドリス?ってなったし。
口内炎と戦いながら見た
>|