最強のふたりの作品情報・感想・評価

最強のふたり2011年製作の映画)

Intouchables

上映日:2012年09月01日

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「最強のふたり」に投稿された感想・評価

kurage

kurageの感想・評価

4.2
おかしみと悲しみと清らかな風が抜けるような余韻のある映画。フィリップとドリスの関係性や2人が変化していく様子に目が離せない。
mamiKO

mamiKOの感想・評価

3.5
普通に、良かった。
単純にお互いを思いやる。
妬みや僻み、同情や計算のない2人に最高の関係が生まれる。
世界平和の縮図と言っても良いかもしれない。
出来ることを、出来る人が、思いやりを持って、やる。
やさぐれた彼に、才能の発掘と自信を
仕事をする、という責任を
身体の自由がきかない彼に、遊びを
イタズラを、恋愛を
人生を楽しむ、という事を

実話だから仕方ないけど、彼が大富豪でなかったらもっといい話になってた気がする… ような
そして最後に出てきたご本人!今でも良い関係が続いているとのこと、素敵ですね。
のりこ

のりこの感想・評価

4.8
観た後に幸せな、ちょっと強い気持ちになれる。
そしてこれを観て、パラグライダーをやりに行った。
すごく好き…!すてき😊

こんな友情っていいな

ずっとみていたくなるしずっとお屋敷?にいてほしい笑

パラグライダーのシーンが楽しそう
kako

kakoの感想・評価

3.5
これで初めてオマールシーっていう俳優を知って、そっからオマールシーがでてる映画を結構見るようになった。

実話を基にしてるからリアリティがあって二人の絆や、思いやりがどんどん深くなっていくのが手に取るように感じれた

めちゃめちゃほんわかする映画☺️

このレビューはネタバレを含みます

教訓:魂のままに人と接することの強さ


真逆な2人の物語。

ドリスは暴力的なまでに、率直で安易な男。
だけど、
「障害者」という言葉を使いながらも
無駄にいい人気取りで憐れむこともなく、
魂のままに接した。
最初は「それは最低限のリスペクト無さすぎやろ…」と余分な口撃にゲンナリしたが、
次第に相手をリスペクトする心も温まってきてることに気づいた。相変わらず乱暴だけど、
魂のままに疑問をぶつけたり接してたりしてるだけで、
見下そうという浅ましさが消えた感じ。

自分も今まで劣等感の中に居ただろうから、口撃してしまうのもわかるんだよね。

麻痺してる人の前で
ダンスしだすのも、文面でみたら叩かれるのみだけど
ただ実直にフィリップに見せたかった純粋な気持ちなんだろうなぁって。


発作?のとこで
すぐに行動に移り
ずっとそばに居る優しさも
職務よりも魂に素直な行動だろう


魂のままに
人に接することが出来るよう、
私も普段から魂を磨きたいと思う!


ただわかってはいるけど、
メッセージの為に「勉強だけの奴は使えない」って描写、
どちらかというと自分も勉強できる方が故にちょっと苦痛なんだよね。
「勉強できる子卑屈化社会/前川ヤスタカ」さんみたいな危惧も持ってるのが正直なところだから
ジーナ

ジーナの感想・評価

4.0
人種や容姿、自由・不自由の壁を超えて、
ここまでのコンビネーションを発揮して、笑いを産むことが出来る作品に拍手。
しかも実話を元にしたというのが驚きである。

この明るさ、楽しさ、面白さ。
文字に起こしてもうまく伝わらないと思う。

寂しい時なんかに観ると元気をもらえます。
chi9108

chi9108の感想・評価

3.2
評判通り
画も音楽も内容も分かりやすく美しい。

健常者/障害者という言葉をはっきりと使い、人種や貧困、家族や個人的な問題。一見重たいテーマなのだけど重く捉えすぎていない。

車椅子に乗る男性は詩、音楽、絵画、芸術が好きでそれらを楽しむのはとても簡単だと伝えてくれる。それと同時に、芸術や心を震わせることに肉体は必要無いのだと言っているようにも感じた。

個人的にみんなが言うような泣き所は特になかったかな。とりあえずどのシーンでストップしても画になってる、音楽がフランス映画!って感じだけど色んな音楽が入るので楽しめる。
セキ

セキの感想・評価

4.4
こんな自分を持っている人間に自分もなりたいと思う。
社会に流される今の自分に疑問を抱きつつも自分では打開できないという無力さを痛感する。
aiko

aikoの感想・評価

3.9
真逆の世界で生きてきた二人が意気投合する物語。
人を対等にみて、おちゃめさと純粋さがあるドリスが魅力的。
実話だから衝撃的で、この友情が素敵だと思う。

後、Feeling Goodの挿入具合が最高。
>|