宇賀ちゃん

HANA-BIの宇賀ちゃんのレビュー・感想・評価

HANA-BI(1997年製作の映画)
3.5
大杉漣さんの死後、観ようと思ったら借りられてたので、今さらながら鑑賞。

今作も久石譲の音楽と、「キタノブルー」がもの哀しく胸に迫る。時系列もほどよくシャッフルされており、唐突のバイオレンスシーンも健在。どの作品のたけしもそうだが、彼の役は寡黙ですぐキレる。恐ろしくもスカッとするのが面白い。
北野作品の主題に多い、生と死、愛の形が、今作で頂点を極めたように思う。岸本加世子とのやり取りは、どの作品よりも心温まった。

劇中で度々不気味ながら芸術的な絵が映されるが、たけし自身が書いたらしい。すげえ…。