カモメ復活しました

ミート・ザ・ペアレンツのカモメ復活しましたのレビュー・感想・評価

ミート・ザ・ペアレンツ(2000年製作の映画)
3.5
父と婿候補の戦争に犬派猫派の闘争まで加わったからさぁ大変!
二人の仲はこじれにこじれる!

○クレッグは恋人のパムとの結婚を許してもらうため、ニューヨークの彼女の実家まで向かう。
 しかし、パムの父ジャックは元CIAで……。

『媚薬』のページでこの映画も猫映画と紹介されていたので鑑賞。
猫のジンクスがめっちゃくちゃかわいい!!!
トイレは流すし色々な芸もお手の物♪
ふわっふわの被毛とブルーのおめめが超かわいい。
ジンクスが主役なわけではないけれど、何かとストーリーに絡んでくる猫ジンクス。かわいい。超かわいい。

昔のコメディって、登場人物がクズな事多いなぁ……と思って見ていたのですが、2000年制作の映画なんですね。古い感じの画質だったので、もっと昔の作品なのかと思いました。
最後は良い感じに大団円になるものの、途中ちょっとモヤモヤすることも多く……エンディング直前のシーンも蛇足と感じてしまいました。仲直りして終わりでいいじゃない……。

終始パムの家族VSクレッグという構図なので、周りは全員敵ばかり。
もちろんコメディらしくクレッグもやらかしちゃったりするのですが、それもコメディ仕様でわざとらしく追い込んでいるのが気になりました。
『ライアーライアー』みたく、主人公がドクズなら笑えるのですが、グレッグはそこまで悪い事したのか……?と思ってしまいます。ダメなところはあるけれど、良い奴じゃんクレッグ。

評価を見るとコメディとして合う合わないがある作品のようです。
けれど猫は絶対的にかわいいので見て欲しい作品です。