ミツバチのささやきの作品情報・感想・評価

ミツバチのささやき1973年製作の映画)

EL ESPIRITU DE LA COLMENA

製作国:

上映時間:99分

ジャンル:

4.0

あらすじ

スペインのある小さな村に『フランケンシュタイン』の巡回上映がやってくる。6歳の少女アナはスクリーン上の怪物を精霊と思い、姉から怪物は村外れの一軒家に隠れていると聞いたアナは、ある日、その家を訪れる。そこでひとりの謎めいた負傷兵と出会い……。

「ミツバチのささやき」に投稿された感想・評価

みつばちの巣のような窓の格子と、そこから流れ込む蜂蜜色の光。守られた穏やかな生活を約束されているようでいて、不安になる空気感。傷ついた精霊を、彼女は一度、たしかに大人に奪われたのだろうと思える。乾いた風景が、アナの大きな黒い目が、脳裏に焼き付いて離れない。
自我が芽生える物語であり、平和への願いが込められてる作品。フランケン的な存在にはきっとどの子も会っていて、自分になっていくのだろうな。
どの時代だってどの場所だって、子供はキラキラしていて美しい。美しさに触れる瞬間は身近にも溢れています。
shoken

shokenの感想・評価

5.0
レンブラント
フェルメール
エリセ

なんてことはどうでもいいけどアナの目の輝きが綺麗すぎる
ayako

ayakoの感想・評価

3.5
先生がおすすめしてくれた映画。
スペイン内戦直後の独裁政権への批判が込められてるのにあまり重い感じじゃないのが不思議。ストーリーラインを追うのとスペイン語聴きとるので精一杯だったからもう一回観たい。なによりもアナトレントが可愛すぎる。
キネマ旬報で70年代ベスト10に選ばれていたので感化されて鑑賞。わかるようでわからない。そんな映画に惹かれる今日この頃。
ウメダ

ウメダの感想・評価

3.7
スペインの内戦を家族で例える深い映画。

姉妹。
大人になりたいイザベルと大人になりたくないアナの比喩表現が良い。

両親。
会話シーンがなく、一つの画面に二人の顔が映らないところなど非常に興味深い。

不可思議で唯一無二的な映画。
こういった類の映画はなかなかない。

しかし、私が何よりも言いたいのは、





















アナが可愛い!
yoshiki

yoshikiの感想・評価

5.0
難解で話を理解することすら困難なのに、目が離せない魅力のある作品。
子どもの目から見える世界は、大人になったら分からなくなってしまったのだなと思った
hk

hkの感想・評価

-
「これが悪魔だよ」と父が娘2人に語りかけるシーンの構図が美しい。

仰向けのイサベルの顔の上に手を落とすシーン、実際に医者がやる検査で、よくこんなの知ってるなと感心した。
chamama

chamamaの感想・評価

4.0
子供の感受性の強さを感じた映画。18年前。記録。
>|