こてつママ

善き人のためのソナタのこてつママのレビュー・感想・評価

善き人のためのソナタ(2006年製作の映画)
4.0
ウルリッヒさん、渋い!
ドイツ映画は「クソッタレ」と言わない
大声で怒鳴らないし、生真面目、お国柄なのかしら?
でも嫌いじゃない、寧ろリアルで好み!

ベルリンの壁崩壊直前の東ドイツ
ガチガチの共産主義体制を担うシュタージ(国家保安局)の局員ヴィースラーは、
寡黙で真面目にコツコツ働く地味なおじさん
上からの指令で劇作家のドライマンと恋人で舞台女優クリスタが反体制とゆう証拠を掴むよう24時間盗聴するが…

自由な思想はあながち間違いではないのでは?と興味を持ち始めたヴィースラーのとった行動は共産主義を裏切ってるけど、人間の「善」は失っていなかった

当時の自由の無い東ドイツの様子がリアルでずっと嫌な緊張感があったけど
「これは私の本だ」この一言で全て救われた

崩壊前に上官の前で政府の批判をした若者が、きっちり地下室で手紙の開封係(左遷)させられてたのはユーモアなのかなw

淡々としてるけど真の緊張とはこうゆう事なのだと思った