日の名残りの作品情報・感想・評価

「日の名残り」に投稿された感想・評価

Solaris8

Solaris8の感想・評価

4.2
12/13 渋谷のル・シネマで「日の名残り」を観て来た。

嘗て、ダーリントン卿の友人だった米国のルイスが、英国のダーリントンホールの新しい家主となって、米国内でヴァカンスを過ごす事になり、執事のスティーヴンスは英国のコーンウォール地方へ一週間の旅に出た。その旅行中に起きる現在の物語と30年前のダーリントン卿が健在だった在りし日の物語が並行して語られる。

ダーリントン卿は貴族として世界の名だたる来賓と交流しながら英国を支えようとし、執事のスティーヴンスもその準備や接待に追われ忙しい日々が続くが、ダーリントン卿はドイツに翻弄され、執事のスティーブンスも父を亡くし、恋心が在った女中頭のケントンを結婚退職で失う。

それから20年、旅の中で、恋心を密かに持っていたケントンの元を訪れ、久し振りに再会を果たす。風光明媚な海辺の町、英国のウェイマスは夕暮れの桟橋の明かりが点灯し始める頃が一番美しいと云われるそうだが、黄昏を迎えた二人の人生が、その日の名残りに最期の輝きを見せる。

日が暮れて雨が降ってきて、この期に及んでも残りの人生を執事に捧げると話す主人公と、孫が出来て、この地を離れられなくなったと言い、涙ながらにバスに乗り込むケントンとの二人の永遠の別れが儚い夢のように思えた。

原作のダーリントンホールはオックスフォードに在る設定だそうで、自分も一度だけ、初冬のオックスフォードへ電車で行った事が有り、車窓の田園風景を見た事があるが、英国の田園風景が美しい。映画のロケ地はコッツウォルズ南西部だそうだが、田園風景の中に夕陽が落ちるシーンが有り、日の名残りの佇まいが美しかった。

コッツウォルズはガーデニングの聖地だが、自分が好きなアウトドアの世界でもトレッキング、バードウォッチング等、英国の日本への影響力は強い。執事のような職人気質が高い仕事に一生を捧げるという英国人に親しみを覚える日本人も多いと思うが、イシグロさんの存在が日本と英国の架け橋になって知らなかった映画を観れたのは、良かった。
YukiS

YukiSの感想・評価

5.0
プロフェッショナルな人生
kbg

kbgの感想・評価

-
小説も読んでみよう。
ehonwolf

ehonwolfの感想・評価

4.5
執事という仕事が、使用人と呼ばれる職種の最高峰として誇りをもつことのできた時代。あらゆる感情を押し殺してその職務を全うしようとするバトラー魂と一人の人間として揺れ動く感情との内面の葛藤を、非常に繊細な抑えた演技で見せたホプキンスはさすが。レクター博士よりよほど深く重く複雑な心理描写が求められるこの役こそ、彼の代表作と言っていいのでは。感情のままに突っ走る若い使用人カップルを見送る2人の心の内を思うと大人でいることの切なさにキュンキュンする。観る方も有る程度大人じゃないと良さを味わえない極上の一作。
よこ

よこの感想・評価

3.8
淡々としてるが
さすが ホプキンスさんだわ。
綺麗に磨かれた銀食器、天井まで届く本棚、ターコイズブルーやピンク色の美しい壁紙、青々とした芝生に囲まれた荘厳な雰囲気の屋敷...
イギリスの気品を、丁重な画作りで大事に大事に表現していて良かった

でも何より印象的だったのは、アンソニー・ホプキンスの表情
年老いた父の前では息子の顔となり、エマ・トンプソンには一人の男としての熱いまなざしを向ける
キスも抱擁も無く、ただ手と手を触れ合っただけで別れた二人だけれど、とても情熱的なラブストーリー
maverick

maverickの感想・評価

4.0
英国の気品に満ちた雰囲気が上質。アンソニー・ホプキンスが作風にぴったりはまっている。お屋敷に長年仕える執事とそれを取り巻く出来事とで描かれ、英国の上流階級の優雅さと、それを時代遅れと皮肉った部分とが独特の雰囲気を醸し出していて非常に見応えがあった。華やかであり、どこか悲しい物語。カズオ・イシグロ原作ということで、日本でも改めて脚光を浴びた作品。知的で素晴らしい映画でした。
お屋敷の中での出来事を描いただけなのに、

人間の、心の機微が巧みに描かれていて、

上質な面白さ。

日の名残りってタイトルも抜群。

恋より家族より仕事を優先させた執事の、ラストの心残りが苦々しい。

観る分には、こういうのって哀愁があっていいとか思うけど

自分に置き換えたら、
後悔のない人生を歩もうってしみじみ思うしかなかった。
Bambi

Bambiの感想・評価

-
小説の方がずっと良かった
maco

macoの感想・評価

4.0
やっと観る事ができた。

静かに始まり静かに終わる映画だけど、もう途中から苦し過ぎてこの感情をどうしたらいいの?と自分から湧き出てくる切なさの心の行き場がないまま観終わる。
水面下で揺れ動く感情があまりにも切なく、苦しい。

とにかく恋愛に関しては不器用なのか仕事しかできない男なのか、ホプキンスは。
どうやったって仕事を選ぶ人なんだろうな。

ホプキンスとエマの演技が素晴らしくて引き込まれた。
小説も読みたくなったけどこの映画でも十分に見応えがあり心に響いたので完成度の高さが伺える。
>|