トトCINEMAライフ

フランケンシュタインの花嫁のトトCINEMAライフのレビュー・感想・評価

3.5
古典的テーマの中でも根強いフランケンシュタインもの…

これは記録漏れ、モノクロ、アナログでも迫力は充分だ

これにしたって自分の生まれるかなり前の作品…

ただ、昔は良かった、昔観た作品の方が良いという「思い出補正」ではない

実際、和洋問わず現代の映画界では肝心のネタ、オリジナル脚本が枯渇し、いくら映像革新だけが進んでも内容が伴わず、アクション映画など動きだけで言えば(映画・ゲーム・アニメ)の境目が縮まっている💧

(IMAX等と合わせ、まるで遊園地と揶揄する声も少なくない)

物語に集中したり、余韻に浸る事が少なくなってきている…実際、最近の劇場鑑賞で観た映画の内容をスラスラ言えるかと言えば、流行歌のように大枠のイメージしか思い出せない💧

某アクションヒーローなんか大好きだったのに、もうカクカクササッと動いてて、ありゃゲームキャラであって感動やドキドキハラハラなんか出来ない…

話は大脱線したけど、古典的なものが新鮮で、現代の物が色褪せて感じる事が多いのに本当に嘆いているのは本音…。💧