アノ

柳生武芸帳 双竜秘剣のアノのレビュー・感想・評価

柳生武芸帳 双竜秘剣(1958年製作の映画)
3.0
カラーの稲垣にしては面白い。
橋での多三郎と十兵衛の立ち会い、ラストの大立ち回りは楽しめる。
岡田茉莉子が端役ながらずば抜けて魅力的。