海外特派員の作品情報・感想・評価

「海外特派員」に投稿された感想・評価

イギリス人であるヒッチコックがアメリカに渡って、2作目がこの作品というところが興味深い。
すでに第二次世界大戦が始まっている時期であり、本作がアメリカを欧州の戦争に引きずり込むためのプロパガンダ映画だとしても、さすがのクオリティを発揮している。
この時代にこの作品を製作できるアメリカという国とヒッチコックの凄さを実感する。
Hello

Helloの感想・評価

4.3
1940年製作、ハリウッド進出初期。
シーン転換多くてドタバタ感あるけど器用にこなしちゃうヒッチコックほんと怪物くん。
戦時中のためか反ナチスの要素が多い、所謂「プロパガンダ映画」の体裁になっていた。ヒッチコック映画の中ではサスペンス要素も少なめな気がした。今見ると反戦映画にも見えるかも。好きなシーンは、飛行機が墜落してコックピットから水が入るシーン。水面ぎりぎりで撮った映像をスクリーンに映し、奥からスクリーンを破る形で水を流し込んで撮影したらしい。
3284

3284の感想・評価

-
ヒッチコックの習作。主人公は常に危機に陥っていなければならない。
tomo

tomoの感想・評価

3.8
暗殺シーン
車を追いかけるシーン
車に轢かれそうになるシーン
教会の展望台から人が落ちるシーン
飛行機が落ちるシーン
望遠鏡で覗くシーン

窓から入り込むお馴染みの始まり方だった。戦争が関係している。海の上のシーンはすごいどうやって撮ったのだろうか。
rika

rikaの感想・評価

3.7
最初集中できないけど徐々にはまる。ラスト海でのシーンとか昔なりに迫力あるし風車のシーンなど光と影がいい。ラストの電話の受話器とか元祖なのかな?なかなか。
gon

gonの感想・評価

3.5
amazon prime
カメオがっつり入れたなぁ!笑

アメリカ初期の作品だからかイギリスも混ぜつつ、アメリカに媚び出してきたかな。

こちらも恋愛軸とサスペンス軸の交差。
三十九階段に比べてテンポの緩急あり。

ラストも好き◎
dude

dudeの感想・評価

3.8
最初の40分最高だが段々どうでもよくなってくる。展望台のシーンは面白いけども何を見せられてるんだって感じだし、主人公が目覚める安いプライドもどう受け止めたものか...。
C

Cの感想・評価

4.5
面白い…戦争の始まりに泣きそうになってしまった…第二次世界大戦中にこんな映画撮ってるのすごいな…
>|