ゆきひろ

エクソシストのゆきひろのレビュー・感想・評価

エクソシスト(1973年製作の映画)
2.0
公開当時は衝撃的な作品でしたが…

年齢と鑑賞を重ねる度に残念になっていく。
もう、見るのは今回で最後にします。
思い出は大切にしておきたいので(*´-`)

あんなに怖かったはずの悪魔達。
その代表格のパズズ。
貴方はそんなに悪者ではなかった。
たった一人の女の子にとり憑いてしまっただけ…
ちょっとした悪戯…

それなのに人間達が勝手に大騒ぎして、宗教に被れた者達が得意気に悪魔払いの訳解らない儀式をおっ始めます。
例の三点セットで…怪しげな呪文を唱えながら┐(´д`)┌

メリン神父を演じるマックス・フォン・シドー
先日見た「ものすごくうるさくて、…」なんて、ものすごく長いタイトルの作品の喋れないお祖父さん役では、ホッコリ感が…

本作エクソシストでは、儀式中にポックリだった^_^;
もう一人のロッキー崩れの若神父は窓を突き破って自爆…

パズズさんは、濡れ衣ですね。
何もしていませんでした。

悪魔を題材にした作品は、だいたいこんなもの…
間違って、人を殺めても数名程度です。
人間の方が遥かに恐い。
戦争映画は何百、何千単位です。

もっと恐いのは…
神様を題材にした作品です。
軽く万の単位を超えて、人類滅亡クラスになりますから(笑)

そう考えるとホラー、特に悪魔系の作品は笑いしか出てこない。
寂しいものです。・゜゜(ノД`)