KJパスト代理人

ザ・ウォーカーのKJパスト代理人のレビュー・感想・評価

ザ・ウォーカー(2010年製作の映画)
3.8
本作の宗教チックな展開とラストは賛否両論なんだろうなぁとは思う。

とはいえ、安定のデンゼルアクションと演技はかなりの見どころ。

終末戦争後の荒廃しきった世界を歩く1人の男。
彼が歩き続けるのは一冊の本をある場所へ届けるため。
その本を狙う輩なヒャッハーな人々。

荒廃しきった世界観の描き方はとてもよく、略奪や飢えに怯えながら細々と暮らす感じが生々しかった。

終末世界映画の定番のヒャッハーピーポーも教科書どおりの雰囲気でまずまず。

デンゼル無双なシーンは多々あるが、それが印象的なだけにラスト、

えっ!?どーゆうこと!?

ってなってしまうが、それもまた良し。

劇中流れる暗いような宗教的なBGMもいい感じだった。